悠木碧は生々しい部分も好き!「かのかり」麻美は「ヒロインの皮を被ったラスボス」

人生初の彼女と一度だけキスをしたが、たった1ヶ月でフラれてしまった20歳のダメダメ大学生・木ノ下和也は、傷心のあまり"ある方法"を使って、女の子とデートをすることに。とびきりの美少女との出会いをきっかけに、1人の大学生の青春が輝きだす様子を描いたラブコメディー、TVアニメ「彼女、お借りします」(かのかり)が7月よりAT-Xほかで放送中。今回はヒロインの1人、ゆるふわ小悪魔系彼女・七海麻美を演じる悠木碧にインタビューを行い、キャラクターの魅力などを聞いた。

――原作を読んだ時の感想はいかがでしたか?

「男の子も女の子も、登場人物たちの人間描写がすごくリアルだなって。特に麻美ちゃんは『いるよな~こういう子』って思う小悪魔的ポイントがたくさんあって、いわゆる女の子の"理想"じゃない、生々しい部分も描かれているところがすごく好きでした。こういうラブコメって、ありそうでなかったなと」

――麻美ちゃんみたいな子、本当にいますよね。

「いるいる(笑)。実は私の周りにも多いんですよ。男性を翻弄するとかではないんですが、お友達としてまるで私の思い通りにさせてくれている、と思いきや向こうの手のひらで転がされてるみたいな」

――そうなんですね(笑)。

「しかも私はそういう子に弱いというか、だまされやすくて(笑)。大体振り回されたり、尽くしてしまったりするので、その経験が生かせて良かったです。麻美というキャラクターは、見た目はふわふわしていて甘くておいしいものなんだけど、黒くて硬い何かを包んでいる...みたいなイメージ。それを剥ぐと裏の面が出るし、被せればまたいつもの麻美ちゃんで、今はどっちだろうという感じで演じていました。あと彼女は何より、ヒロインの皮を被ったラスボスだと私は思っていて。最終話に近づくにつれてラスボス度合いがどんどん上がっていくので、そのへんは本当に楽しく演じさせていただきました」

――女性目線から見て、和也はどんなふうに映りましたか?

「めちゃくちゃかわいいなと思います。必死に七転八倒している感じが人間らしいし、同性から見ると『いやいや、そんなわざとらしくやる!?』っていう女のあざとい行動に気付いてなかったりして。欲望と理性の葛藤をずっと続けている感じが、生々しくていいですよね」

――そんな和也がハマってしまう"レンタル彼女"ですが、このサービスについてはどう思いますか?

「えーっと、後腐れなくて非常にいいんじゃないかと(笑)。ただ、仮に"レンタル彼氏"があっても私は借りないですけど」

――それはなぜですか?

「単純に求めてないっていうのが大きいですかね。でもそれを欲している人がいて、お互いちゃんと規約を守れるのであれば、とてもステキなサービスだと思います」

――相手をデートで楽しませる"レンタル彼女"ですが、悠木さんは人に喜んでもらえるようなプランを立てるのは得意ですか?

「いや、自信ないなぁ(笑)。女子会で集まる時の幹事はよくやりますけどね。でもそれはどっちかというと『私がやりたい○○を、やりたい人!』みたいに集合をかけて、その発信したものに参加したい人だけ集まるって感じ。だから、誰かをもてなすといった感覚ではないんです」

――企画すること自体は好きなんですか?

「めっちゃ好きです。最近はやってないですけど、昔は『〇月〇日にホテルの一室をとるので、みんなで羊毛フェルト作りませんか?』とか『○○って映画に行きませんか?』って、思い付きでいろいろ提案してました。こちらが誘われることもありますし、私の周りの女子は自分のやりたいことに、どんどん巻き込んでくれる人が多いんですよ。お互いの趣味が広がって、それぞれが自分の"推し"を勧め合う"推し布教会"をやる時なんて、すごく楽しいです(笑)」

文=川倉由起子 撮影=大石隼土

この記事の画像

放送情報

彼女、お借りします
放送日時:2020年8月30日(日)23:00~
※毎週(日)23:00~ほか
チャンネル:アニメシアターX(AT-X)
※放送スケジュールは変更になる場合があります


<雑誌情報>
My Girl vol.30 (発売中)
TVアニメ「彼女、お借りします」を50ページのボリュームで大特集!
雨宮天と伊藤美来がカバーに登場!

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!