悠木碧が七海麻美に共感!「千鶴がとっても素敵な子なので、麻美が悔しく思う気持ちは分かる」

悠木碧
悠木碧

TVアニメ「彼女、お借りします」(かのかり)の第2期が7月よりAT-Xほかで放送される。
同作品は、ダメダメ大学生・木ノ下和也と、「レンタル彼女」として出会った水原千鶴、小悪魔的な元カノ・七海麻美、超積極的な彼女(仮)・更科瑠夏、頑張り屋の千鶴の後輩のレンカノ・桜沢墨といった4人のヒロインが織り成すラブコメディ。

今回は、七海麻美を演じる悠木碧にインタビューを行い、役の魅力や共感する部分、演じる上で意識したことなどを語ってもらった。

――第2期の麻美を演じて改めて感じた麻美の魅力は?

「"つい翻弄されたくなる"がすごく重要なキャラクターなのかなって思います。裏の部分が特殊なので、そこがフィーチャーされがちなキャラクターではあるのですが、決してそれだけでは彼女のポジションは成り立たなくて、"なんか分からないけど惹かれちゃう魅力"みたいなものがあるなと思いました」

――2期で感じた麻美の変化は?

「策士な麻美ちゃんでも千鶴と和也くんの関係性の急速な深まりを妨害し切れていない部分があって。(麻美は)いつも"グレー"を取るのが上手な子で、そこがずるいし上手かったんだけど、自分の手を汚さなければ止められない範囲に来て、焦ってだんだんブラックなことをしていくというところです。ちょっとホラーなんですけど...(笑)。

あと、真っ直ぐで、純粋で、とにかく"好きパワー"で押してくる瑠夏ちゃんは、基本的に策で挑んできた麻美にとって最も苦手なタイプで、そんな瑠夏ちゃんとのやり取りの中で麻美のウィークポイントがちょっと見える部分があります。私としても演じていて麻美の新しい面を見られたシーンですね」

――麻美を演じる上で意識したことは?

「『私自身が麻美にされたら、ちょっとドキッときちゃうかもな』っていうのを、盛り込んでいくみたいなところはあったかもしれません。また、彼女の絶妙な距離の詰め方は彼女のメインウェポンだと思っているんですけど(笑)、『さっきまで普通にお茶をしてる距離感だったのに、次の瞬間は耳元でささやかれている』みたいな、距離をコントロールされているような感じが出せたらと思って演じました」

――麻美を演じる楽しさはどういったところにありますか?

「麻美は圧倒的なヒールポジションだと思うのですが、ヒールポジションをやっていて一番楽しいのは倒される瞬間なので、窮地に追いやられていく彼女っていうのが描かれた時に、ヒールポジションとしてより魅力的になるなって思っています」

この記事の画像

放送情報

彼女、お借りします #13
放送日時:2022年7月7日(木)21:30~
チャンネル:AT-X
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事