悠木碧が『蜘蛛ですが、なにか?』で言っておきたいことに、堀江瞬「確かにすごい」

写真左から、堀江瞬、悠木碧
写真左から、堀江瞬、悠木碧

突然、ファンタジー世界に蜘蛛の魔物として転生した女子高生「私」(蜘蛛子)が、凶悪な魔物たちと生き残りを懸けた戦いを繰り広げるTVアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』が、1月よりAT-Xほかで放送される。物語は、主人公である蜘蛛に転生した「私」たち魔物サイドと、同じく転生した王国の第4王子・シュンたち人間サイドの視点で交互に描かれていく。今回は「私」役の悠木碧とシュン役の堀江瞬に、インタビューを通して作品の魅力を語ってもらった。

――最初に本作を知った際の作品の印象はいかがでしたか?

悠木「異世界転生の物語はいくつもありますが、蜘蛛が主人公のものは珍しいなと思いました。転生した先で登場人物が良い思いをしている作品は多いんですけど、私が演じる役は転生してもあまり良い世界に行けたことがないので、もしかしてこれは運命かもしれないと思いましたね(笑)」

堀江「オーディションの前に原作を読ませていただいたんですけど、魔物サイドと人間サイドがはっきりと分かれているなと思いました。これをどうやってアニメに落とし込むのか気になっていたんですが、アニメでもはっきりと分かれていたので、それぞれの話がどのように交わっていくのかに注目してほしいです」

――演じられるキャラクターの注目してほしいポイントをお聞かせください。

悠木「1つに絞りにくいのですが、強いて言えばエンディングかな。すごくハードでした。全部大変でしたけど、一番大変だったから言っておきたい(笑)。全体を通して言うのであれば1つのセリフの中にいろいろな表情を込めて、一人芝居も寂しくなく聞こえるように、なるべく派手さを目指した心持ちでやっています」

堀江「確かにエンディングはすごいですよね。僕はありがたいことに、たくさんの人と掛け合いながらやらせていただいているんですけど。演じているシュンは最初の方では平凡なキャラクターで、あることをきっかけにして覚醒していくので、その過程を楽しみに見届ける気持ちで見ていただきたいなと思います」

――「転生もの」と呼ばれる作品は他にもありますが、この作品ならではと思うところはどこですか?

悠木「人と蜘蛛のパートがしっかり分かれているところですね。今はなぜこんなことになっているんだろうと思う状態が長く続くんですけど、伏線がかなり仕組まれていて、原作でも後々になって驚くポイントがたくさんあります」

堀江「内容は相当ミステリアスですよね。人間サイドはすごくシリアスなシーンが続くんですけど、その後の蜘蛛子のシーンがすごくギャグっぽくてギャップが面白いです」

悠木「いろいろなものが見所にできる作品だと思います。それぞれのキャラクターの背負っているものがはっきりとしているので、人間たちは心の葛藤が描かれているのに対して、蜘蛛子が生きている世界は弱肉強食でもっとハードな悩みが描かれていて、ソフトとハードな2つの悩みをしっかりと比較しながら見ることができるのは、この作品の面白いところかなと思います。あと、ずっとモンスターしか出てこないのもなかなかないですよね。魔物サイドは人間が出てこないので、人間サイドで人が出てくるとホッとします。1人でやっていると自分が蜘蛛だったのか、人だったのか分からなくなりますね(笑)」

この記事の画像

放送情報

蜘蛛ですが、なにか?
放送日時:2021年1月8日(金)21:30~
※毎週(金)21:30~ほか
チャンネル:アニメシアターX(AT-X)
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!