雨宮天が嫌いだった主人公・和也を好きになったきっかけを明かす「言葉の一つ一つがめちゃくちゃ刺さりました」

雨宮天
雨宮天

TVアニメ「彼女、お借りします」の第2期が7月よりAT-Xほかで放送される。
同作品は、ダメダメ大学生・木ノ下和也と、「レンタル彼女」として出会った水原千鶴、小悪魔的な元カノ・七海麻美、超積極的な彼女(仮)・更科瑠夏、頑張り屋の千鶴の後輩のレンカノ・桜沢墨といった4人のヒロインが織り成すラブコメディ。

今回は、水原千鶴を演じる雨宮天にインタビューを行い、役の魅力や共感する部分、演じる上で意識したことなどを語ってもらった。

――第2期で千鶴を演じて改めて感じた千鶴の魅力は?

「"レンカノ"モードの時の全てにおいて完璧なところと、一ノ瀬ちづるの時の和也に対してツンとしながらも放っておけないお人好しなところが魅力ですね。個人的には、和也と別れた後で自宅で見せる表情だったり、ちょっとした独り言がすごくかわいらしいなって思います」

――第2期の千鶴を演じる上で意識したことは?

「第2期では、千鶴の置かれている状況や彼女が抱えているものがより描かれていて、それに伴って千鶴が"弱さ"を見せるシーンがあるのですが、それは彼女が弱いから出ている"弱さ"ではなく、抱えているものが大きいからこそあふれてしまう"弱さ"なので、その"弱さ"は繊細に演じ切りたいなと思って演じました。また、千鶴が(劇中劇で)役を演じている時や過去の千鶴を演じるシーンでの、普段とは全然違う表情を見せるところは新たな挑戦でした」

――千鶴に共感するところは?

「『自分はこうしたい、こうありたい、こうなりたい』というのがあって、それに向かってしっかり努力して進んでいくという姿勢は『本当にそうあるべきだな』と思って共感できますし、和也のダメダメな部分に対してイライラしちゃうところも共感できて、ひたすら共感できます!(笑)」

――和也の言動でドキッとした瞬間や、キュンとした場面は?

「千鶴が出演する舞台を観劇した後で、千鶴を励ますところです。道端で周りも気にせず全力で励ましてくれるシーンは和也の思いがすごく詰まっていて、千鶴にすごく共感していたからこそ和也の言葉の一つ一つがめちゃくちゃ刺さりました。1期では嫌いだった和也のことが好きになるきっかけでもあり、もし自分が同じ状況だったとしてもすごく励まされますし言われてうれしいですね」

この記事の画像

放送情報

彼女、お借りします #13
放送日時:2022年7月7日(木)21:30~
チャンネル:AT-X
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事