雨宮天が『七つの大罪』で共に歩んできた梶裕貴にメッセージ「これからも助けてください!」

「この素晴らしい世界に祝福を!」のアクア、「彼女、お借りします」の水原千鶴など、数々の人気アニメでメインキャラクターを演じる声優・雨宮天。彼女がヒロインのエリザベス役を務めるヒロイックファンタジーの最新作、『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』が7月2日(金)より公開される。今回、雨宮にインタビューを行い、原作者・鈴木央の描き下ろしによる完全新作オリジナルストーリーである本作に込めた思いなどを聞いた。

――劇場版の台本を初めてお読みになった際の感想をお聞かせください。

「最初に抱いた感想としては、ゼルドリスがめちゃくちゃ可愛いな、です(笑)。TVシリーズ本編では見ることのない、彼の恋人・ゲルダと2人きりになった時にだけ見せる顔が、私が思っていた以上の可愛さで、ゼルドリスって萌えキャラなんだなって思ったんです(笑)。そして、原作でも見られなかった最高神とエリザベスが2人きりで話すシーンには、すごく驚きました。最高神はエリザベスの実の母親という存在なのですが、原作でもあまり描かれてこなかったので、とっても嬉しかったです」

――雨宮さんにとって「七つの大罪」、そして演じているエリザベスはどんな存在ですか?

「『七つの大罪』に初めて携わらせていただいたのは、デビュー間もない新人の頃でした。それからずっと私に、常にいろいろなことを教え続けてくれた作品だと思います。エリザベスは私とは性格も違いますし、趣味趣向も多分合わないので、きっと友達にはなれないと思います(笑)。でも、自分と全く違うからこそ、彼女を通して愛情や包容といった、自分の中からはあまり出てこないようなものを、たくさん教えてもらいました。親友ではないですけど、いい距離感の大切なパートナーではあるなと思います」

――エリザベスを演じてこられた雨宮さんが感じる、「七つの大罪」の最大の魅力をお聞かせください。

「原作の鈴木先生もおっしゃっていますが、本当に『七つの大罪』は愛の物語だなと感じています。たとえ〈七つの大罪〉のメンバーにとって敵キャラクターでも、そちら側にも愛の物語があったりもするんですよね。どのキャラクターの心情にも寄りそうことができるのは、きちんと一人ひとりの根底に存在する、いろんな形の愛が描かれているからだと思うので、そこがすごくステキだなと思います」

――この7年間、エリザベスと共に歩んできた雨宮さんですが、ご自身で感じられる7年前との変化をお聞かせください。

「最近ようやく自信を持って、自分を『声優』と言えるようになったなと思います。『七つの大罪』が始まった頃は、声優さんに対する憧れもすごく強かった上に、自分の未熟さをよく知っていたので、『こんな自分が声優と名乗っていいんだろうか』と思っていました。もちろん、お仕事はプロとしてできる限りのことはやらせていただいているつもりでしたが、自信が持てなかったんです。でも、ここ2、3年くらいで『声優です』と名乗ることに抵抗がなくなってきたのは、自分のキャリアや皆さんからいただく言葉で、自分を肯定できるようになったからだと思います」

「私個人としては、本当に人と話せるようになったなと思っています(笑)。デビューしたての頃は、人との距離感がよく分からない『Theコミュ障』といった感じで、隣で誰かが楽しそうにお話していても、どのタイミングで入っていけばいいか分かりませんでした。それでドキドキしてしまうくらいなら、全部気付いていない振りをしようと、台本に集中して黙っているというスタンスだったんです。でも、お酒は好きなので『せめて飲み会には積極的に参加しよう』という課題を自分に与えて、そこから段々と『人って怖くないんだな』と思えるようになりました(笑)」

――共に歩んできたメリオダス役の梶裕貴さんに改めてメッセージを送るとしたら、どんな言葉になりますか?

「梶さんは私の中で『兄貴』みたいな存在なんですけど、本当にいっぱい助けていただきましたし、すごく尊敬しています。やっぱり『これからも助けてください!』ですかね(笑)。これからも兄貴の背中を追っていきたいなと思います」

――最後に、映画の公開を楽しみにしている皆さんへメッセージをお願いします。

「『七つの大罪』は老若男女、誰にでもご覧になっていただきたい、誰しもがハマる部分がある作品だと思っていますが、本作に関しては原作、そしてアニメをずっと追いかけてきてくださった方々に、絶対ご覧になっていただきたいストーリーになっています。この劇場版でしか描かれていないキャラクターたちの表情がたくさんあるので、絶対に見てください!」

文=中村実香 撮影=中川容邦

この記事の画像

作品情報

劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち
劇場公開日:2021年7月2日(金)


<放送情報>
劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人
放送日時:2021年7月3日(土)13:00~ほか
七つの大罪 神々の逆鱗一挙放送①第1~10話
放送日時:2021年7月3日(土)15:00~
七つの大罪 神々の逆鱗一挙放送②第11~24話
放送日時:2021年7月10日(土)13:00~
七つの大罪 憤怒の審判<プレイバック>第1~21話
放送日時:2021年7月17日(土)9:30~
チャンネル:アニマックス
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!