恋をするってすごい!竹達彩奈が「五等分の花嫁∬」で感じた五つ子たちの変化

「落第寸前」「勉強嫌い」の五つ子姉妹と、アルバイト家庭教師として彼女たちを「卒業」まで導くことになった高校生・上杉風太郎の姿を描いたTVアニメ「五等分の花嫁」。そんな風太郎と五つ子の新たな試験が幕を開けるTVアニメの第2期「五等分の花嫁∬」が、2021年1月よりTBSチャンネル1ほかで放送開始される。今回、強気な言動でケンカをすることもあるが姉妹思いの次女・二乃を演じる竹達彩奈にインタビューを行い、作品への思いなどを聞いた。

――第1期を振り返っての感想をお聞かせください。

「振り返ると、あっという間に終わってしまった感じがあるんですけど、一話一話を丁寧に描かれていたので、演じやすかった印象を持ったことを覚えています。今作のアフレコの前に、あらためて第1期を見させていただいたんですけれど、二乃が風太郎に敵意むき出しで(笑)。本当にマイナスからのスタートだったんだなと、改めて思いましたね」

――第1期で印象に残ったシーン、またアフレコ時に思い出に残っているエピソードがありましたらお聞かせください。

「どのシーンも、どのストーリーもすごく好きだったんですけど、1つだけ『これは一体なんだったんだろう?』と思っているシーンがあります。中野家に初めて風太郎が家庭教師としてやって来た時のシーンで、二乃が薬を盛った水を飲ませて風太郎を眠らせるんですけど『あれはどこで手に入れたの?』って(笑)。あの謎を、どこかで解き明かしたいなと常々思っています。アフレコ時で思い出に残っているのは、毎回、差し入れがすごくおいしかったことですね。おいしいお菓子や、時にはしょっぱい物と、日によって違うお菓子を毎回用意していただいて、その差し入れにみんなで喜ぶんですけど、食べるタイミングはみんなバラバラなんですよ。それが中野家の五つ子ちゃんらしいというか、個性というか。すぐ食べちゃう子、休憩中に食べる子、持って帰る子と、それぞれ食べ方が違うのがすごくカワイイなと思いました」

――第2期の一報をお聞きになった際の気持ちをお聞かせください。

「なんとなく終わらないだろうなという感覚が自分の中にあって、それは何か動くだろうなという予感でもあったんです。その気持ちがだんだん強くなり、やるかもというのを聞いて嬉しいなと思っていた頃に、第2期決定の一報をいただいて本当に嬉しかったですね。皆さんにすごく応援していただいた作品だったので、その期待に応えることができたかな。第2期で描かれる物語では五つ子の気持ちの変化も大きくて、成長していく女の子としての彼女たちを演じることができるというのも嬉しかったですね」

――新たな監督や音響監督を迎えての第2期となりますが、皆さんが感じる第1期との違いがありましたらお聞かせください。

「第1期で演じさせていただいていたので、スタッフさんたちが私たちを信頼して任せてくださっているのを感じます。第1期の桑原智監督から女性のかおり監督に変わったということで、女の子の細やかな描写が女性目線かなと感じます。五つ子それぞれの個性や良さを丁寧に描写してくださり、すごく愛情が伝わってくるので、そういった部分にも注目して見ていただければと思います」

この記事の画像

放送情報

五等分の花嫁∬
放送日時:2021年1月18日(月)1:30~
※毎週(月)1:30~ほか
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!