斉藤朱夏がライブで語ったファンへの思い「君の中で私が少しでもヒーローになれたらいいな」

「ラブライブ!サンシャイン!!」の渡辺曜役などで知られる声優・斉藤朱夏。アーティスト活動も積極的に行っている彼女が、2021年12月10日に神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールで「朱演2021『つぎはぎのステージ』」と題したライブを開催した。

声優、アーティストとして活躍する斎藤朱夏
声優、アーティストとして活躍する斉藤朱夏

飾り気のない黒一色の舞台に、積み上げられた木箱が置かれただけのシンプルなステージに、白いワンピースとハイカットのコンバース、というスタイルの斉藤が緊張した面持ちでステージ中央に立つ。大きく息を吐いてから独唱したのは、1stアルバム『パッチワーク』に収録された「ワンピース」のメインフレーズ「天才なんかじゃないし 才能もないし だから汗と涙をシャワーに流し 大丈夫私を見てる君がいる それだけで足は動く」。初めて共作詞に挑戦したという楽曲を丁寧に歌い上げる。その思いをしっかりと受け止めたファンからの拍手を受けてライブはスタート。明るく前向きな斉藤の歌声と軽やかなステップは、続く「くつひも」「恋のルーレット」というハッピーなポップチューンをさらに盛り上げた。

最初のMCでは「いろんなことに気付かされた」と、2021年を振り返った斉藤。「常に全速力で突っ走っている私ですが、25歳になってやっと休憩していいんだなということに気付きました。頑張れない時もあるし、カッコ悪い時もあるし。でもさ、そんな時があってもさ、まあ、いいよね?」と、イタズラっぽく微笑んだ後、カントリーミュージック調の「あめあめ ふらるら」を披露。雨を表現するブルーの照明の中、朱色の傘を手にしてのパフォーマンスなど、徐々にステージが色付き始める。その後、舞台から姿を消した斉藤が「パパパ」のイントロが始まると、パッチワーク柄のミニドレスの裾をひるがえしながら登場。それと同時に、舞台も赤い緞帳(どんちょう)とカラフルなパッチワークの華やかなスタイルに一気に変貌すると、会場の熱気も急上昇した。

続く「ぴぴぴ」では、「みんなまだまだ踊りたいよね?練習しきてくれた?ここにいる君のことを信じて、今回はレクチャーしません!みんな、もっともっと踊ろうぜ!」と笑顔で宣言。ステージ後方に光り輝くミラーボールが出現し、さらにきらびやかなムードの中、客席と一緒に大きく手を振るダンスを披露した。さらに「ここにいるみんなと出会えたことが、すごく運命だと思います。この運命的な出会いをした、ここにいる君にこの曲を届けたいと思います。この曲を聴いて、みんなが少しでも心が温まりますように」と、ドラマチックなメロディーが印象的なナンバー「36℃」「よく笑う理由」を歌い上げた。

斉藤は「『よく笑う理由』で歌ったように、勝手に一人だと勘違いして居場所がないなと探していて。でも、一人じゃないんだってことにも気付けました。だって、こんなにいるんだよ!」と、会場に集まったファンに呼び掛けた。その気持ちに応えるように沸き上がった拍手に「ここにいる君が、私の生きる原動力です。私は泣き虫だし、弱虫だし、頑固だし、わがままだし!だけどステージに立っている時だけは、君の中で私が少しでもヒーローになれたらいいなって、毎回そう思ってステージに立っています」と言葉を紡いだ後、「ヒーローになりたかった」「セカイノハテ」をアコースティックバージョンで熱唱。会場から送られた大きな拍手に「しあわせ...」とつぶやき、感極まって涙ぐむ場面も。

その後、「タオル回す準備できてるか?」という呼び掛けとともに、パーティーチューンの「しゅしゅしゅ」を披露。「Your Way My Way」では斉藤の合図に合わせてコール&レスポンスするなど、会場が一体となったステージが繰り広げられ、本編ラストは別れと再会がテーマの「またあした」を歌い上げた。アンコールは、ライブTシャツとジーンズに着替え、前向きなロックナンバー「もう無理、でも走る」でスタート。「こうしてツアーができるのも、ここにいる君、そして遠くから応援してくれる君のおかげです。本当に本当にありがとう」と思いを伝え、最後は「声をきかせて」を熱唱。「私はステージが一番好きな場所で、一番嫌いな場所です。大げさかもしれないけど、私は、君がいなければ、生きていけません。重たいかもしれないよね、こんな言葉。でも、本当に本気で思っています。また、いつの日か、今日という今、今という一瞬を一緒に生きましょう!」と熱いメッセージを送って、ステージの幕を下ろした。

文=中村実香
PHOTOGRAPHY BY Viola Kam[V'z Twinkle]

<セットリスト>
01. ワンピース
02. くつひも
03. 恋のルーレット
04. あめあめ ふらるら
05. パパパ
06. ぴぴぴ
07. 36℃
08. よく笑う理由
09. ヒーローになりたかった
10. セカイノハテ
11. しゅしゅしゅ
12. Your Way My Way
13. またあした
EN1. もう無理、でも走る
EN2. 声をきかせて

この記事の画像

放送情報

M-ON! LIVE 斉藤朱夏 「朱演2021『つぎはぎのステージ』」
放送日時:2022年2月25日(金)20:30~
チャンネル:MUSIC ON! TV(エムオン!)
※放送スケジュールは変更になる場合があります

斉藤朱夏の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事