本田翼が明かす!忘れられないクリスマス・イブの思い出

映画「空母いぶき」に出演する本田翼
映画「空母いぶき」に出演する本田翼

映画「空母いぶき」が5月24日(金)に公開する。同作品は、かわぐちかいじによる同名漫画を実写化したもので、現代の日本を舞台に自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」とその乗員たちを中心とした海上自衛隊の活躍を描くクライシス大作。

ある年の12月23日、世間ではクリスマス・イブを翌日に控えて"お祭りムード"が漂う中、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸する。一報を受けた内閣総理大臣・垂水(佐藤浩市)以下、主要閣僚たちは首相官邸に集結。一方、海上自衛隊は即時、海上警備行動の下、初島の奪還と海上保安官救出のため、艦隊を現場海域に向かわせていた。同艦隊は、戦後初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を旗艦とし、護衛艦「あしたか」「いそかぜ」「はつゆき」「しらゆき」、潜水艦「はやしお」からなる第5護衛隊群。そんな中、「いぶき」は突如、潜んでいた敵潜水艦からのミサイル攻撃に襲われる。「いぶき」艦長・秋津(西島秀俊)は攻撃命令を群司令・湧井(藤竜也)に進言するが、副長兼航海長・新波(佐々木蔵之介)は「正当防衛以外攻撃はできない」と反対する、というストーリー。

今回、「いぶき」の取材で同艦に乗り合わせていたことで未曾有の危機に直面し、その対応に奮闘する海上自衛隊の姿を目の当たりにするネットニュース社「P-Panel」の記者・本多裕子を演じる本田翼にインタビューを行い、同作の感想や演じる上で意識したことなどを語ってもらった。

――本編を観た感想は?

「私はジャーナリストチームの1人だったので、撮影時は実際の戦闘シーンがどうなっているのか分からなかったのですが、出来上がった作品を観た時は迫力に圧倒されました。そして自衛官たちの"国を守る"という強い気持ちが伝わってきて、観終わった後も(作品の世界観に)浸ってしまう感覚でした。たった1日の出来事を描いているのですが、その中にはさまざまな決断があり、いろんな人の思いや感情が描かれていて、作品に込められたテーマについて考えさせられましたし、『自分たちのためにこんなに頑張ってくれている人がいる』という感動もありました。あらためて当たり前の日々に感謝の気持ちが持てるようになりました」

――演じる上で意識したところは?

「私が演じた本多裕子という役は原作にはないキャラクターで、作品における役割をちゃんと見つけないと世界観を壊してしまうと思ったので、事前に監督、プロデューサーとしっかり話し合いをさせていただきました。普通の女の子で正義感が強いわけでもジャーナリストとしての使命感もない平凡な子なんだけど、事件を通してジャーナリストとしての成長をする姿を表現するよう心掛けました」

――同作は漫画が原作。さらに、チャンネルNECOでは6月に同じ漫画原作の映画「鋼の錬金術師」が放送されます。そんな中で、漫画原作の作品に出演する上で気を付けていることは?

「やはり、『原作が1番言いたいことを曲げない』ということだと思います。映画やドラマで描くと、どうしても原作にはない台詞やシーンが出てきてしまうんです。そんな中でも、原作者の方が描かれたキャラクターの芯の部分は曲げないように意識して演じています。『鋼の錬金術師』のウィンリィという役は元々大好きなキャラクターで『芯の部分を大切に演じよう』という思いで臨ませていただいたのですが、オリジナルキャラクターである本多裕子を演じた今作では"作品における役割"を1番大事にしました。そこを損なわなければ、観てくださる方も『この映画には(演じたオリジナルキャラクターが)必要だね』って思ってもらえると思うので」

撮影中の共演者とのエピソードなどを語ってくれた

――演じて大変だったこと、苦労したことは?

「裕子はほとんど『いぶき』の1室で過ごしていて、外の状況を知らされないままに部屋が揺れるという感じだったのですが、その状況は自分的にもすごく怖かったです。ただ、それがお芝居の一助にもなったのでありがたかったですね(笑)」

――撮影中の共演者の方々とのエピソードは?

「みんなで『CGだからよく分からない瞬間があるよね』っていうのはよく言っていました。甲板の上でのシーンも実は平らなところで撮影していたのでどこからが海なのか分からなくて、完成したものを観て『あそこから海だったんだ~!』って(笑)」

――劇中では裕子がジャーナリストとして成長する姿も描かれていますが、ご自身がこの作品を通して女優として成長できたと思うところは?

「これまで関わってこなかったジャンルの作品に挑戦できたことに加えて、観て下さる方の目線に寄り添うような役どころだったので自分(の芝居)がしっかりしないと作品の伝わり方もぶれてしまうというプレッシャーもあったのですが、精一杯演じさせていただきました」

――本多裕子にとって忘れられないクリスマス・イブになったと思いますが、ご自身の忘れられないクリスマス・イブの思い出は?

「高校生の時にお母さんと一緒にB'zさんのライブに行きまして、そこで『いつかのメリークリスマス』を聴いたことは忘れられないですね!」

――劇中では秋津や垂水らが状況に応じていくつもの大きな決断をしていきますが、ご自身にとっての大きな決断は?

「やっぱりこの仕事をやると決めた時ですね。高校を卒業して大学進学に悩んでいた時にマネージャーさんから『1年間この仕事を頑張ってみない?』と提案されたのですが、その時の決断はすごく大きかったです」

――最後にメッセージをお願いします!

「この映画を観て、『戦争が始まってしまったらもう駄目なんだ』ということ、そしてそうならないためにいろんな人が頑張っているということを、改めて認識していただけると思います。私と同世代や若い世代は授業でしか戦争を知らないので、ぜひこの作品を観ていただいて本当の意味での平和の大切さや、どうして日本が頑なに戦争を回避しているのかということを考えるきっかけとなる作品になればと思います」

文=原田健 撮影=皆藤健治

この記事の画像

放送情報

<映画情報>
空母いぶき
5月24日(金)公開

<放送情報>
鋼の錬金術師
放送日時:2019年6月28日(金)21:00~
チャンネル:映画・チャンネルNECO

※放送スケジュールは変更になる場合がございます

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!