2.5次元界をけん引!鈴木拡樹が『映画 刀剣乱舞-継承-』で見せた美しさと迫力

「映画 刀剣乱舞-継承-」より
「映画 刀剣乱舞-継承-」より

名だたる刀剣が戦士の姿となった"刀剣男士"が、歴史を守るために戦う大人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」は、テレビアニメはもちろん、ミュージカルや舞台など、メディアミックスがさかんなことで知られている。そして、2.5次元舞台で活躍する若手俳優たちと、大河ドラマなどでお馴染みの名優・山本耕史、八嶋智人の化学反応が話題となったのが、2019年1月に公開された『映画 刀剣乱舞-継承-』だ。

「仮面ライダー電王」や「侍戦隊シンケンジャー」で知られる小林靖子が脚本を手掛けており、刀剣の視点だからこそ語ることができる、謎に包まれた"本能寺の変"の新たな解釈を描いている。そんな歴史ミステリーとしても見応えのある本作が、5月30日(土)に時代劇専門チャンネルで放送される。

物語の舞台は、天正十年の本能寺。第一部隊は、歴史を改変するため織田信長を生かそうとする時間遡行軍を倒し、炎上する本能寺を見届けて本丸へ帰還した。しかし、隊長の三日月宗近は、審神者から信長がまだ生きていることを知らされる。信長を暗殺して正しい歴史を守るため、新たに顕現したばかりの骨喰藤四郎を加えて、第一部隊は再び過去へ向かう。しかし、三日月宗近は何か秘密を抱えているようで、へし切長谷部や山姥切国広たちは次第に疑いを深めていく。

主演を務めるのは、2.5次元舞台のファンなら知らない人はいないだろう実力派俳優・鈴木拡樹。これまでに舞台『最遊記歌劇伝』の玄奘三蔵や、舞台『弱虫ペダル』の荒北靖友など数々の人気キャラクターを演じており、徹底した役作りで原作ファンからも支持されている。本作では、重大な秘密を抱えながら謎めいた微笑みを浮かべる平安生まれの刀・三日月宗近を熱演。舞台で磨き上げた美しい立ち居振る舞いと、迫力ある殺陣を披露している。

ちなみに本作では、鈴木に加えて、山姥切国広役を荒牧慶彦、へし切長谷部役を和田雅成というように、舞台『刀剣乱舞』と同じ役柄を演じているキャストも多い。しかし、舞台とは違うオリジナルストーリーとあって、同じ役柄であっても別の本丸の刀剣男士として、巧みに演じ分けている点にも注目だ。

押し寄せてくる大量の敵や、桜吹雪の美しいエフェクト、壁を使ったアクションなど、映画ならではの見どころも満載で、新たな刀剣乱舞の魅力を知らしめた本作。原案ゲームに親しむ審神者へのサプライズがある一方で、刀剣乱舞をよく知らない人でも楽しめる一作となっている。

舞台「どろろ」より

また、時代劇専門チャンネルでは、「2.5次元×時代劇 鈴木拡樹の世界」と題して、5月・6月と鈴木拡樹を大特集。鈴木の35歳の誕生日である6月4日(木)には、主演を務めた「舞台『どろろ』」、その前日には「ミュージカル『薄桜鬼』沖田総司 篇」が放送されるので、こちらも併せて楽しみたい。

文=中島文華

この記事の画像

放送情報

映画 刀剣乱舞-継承-
放送日時:2020年5月30日(土)22:00~
ミュージカル『薄桜鬼』沖田総司 篇
放送日時:2020年6月3日(水)23:00~
舞台「どろろ」
放送日時:2020年6月4日(木)23:00~ほか
チャンネル:時代劇専門チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

鈴木拡樹のスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!