「スーパーマン」桃田賢斗が世界バドミントンで飛翔する!

7月30日(月)~8月5日(日)に中国で開催される、世界バドミントン。近年、日本のバドミントンは世界トップレベルを誇っており、特に女子は昨年の世界バドミントン金メダルでリオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望、日本人シングルス初の世界ランキング1位に輝いた山口茜、リオデジャネイロ五輪金メダルの髙橋礼華&松友美佐紀ペア、昨年の世界バドミントン銀メダルの福島由紀&廣田彩花ペアなど、強力メンバーがそろっている。そして、男子を引っ張るのは桃田賢斗だ。

世界で一番強い人になるようにと、アメリカン・コミック「スーパーマン」の主人公クラーク・ケントから名付けられた桃田賢斗は、小学生でバドミントンを始め、中学、高校と数々の大会で優勝し、幼少時から才能を発揮していた。
社会人(NTT東日本)になると、2014年の国別団体戦トマス杯で日本の初優勝に貢献し、2015年の世界バドミントンで日本男子シングルス初となる銅メダルを獲得、同年のBWFスーパーシリーズファイナルでも日本人シングルス初優勝を成し遂げるなど、世界トップレベルのプレーヤーへ成長した。
2016年には世界ランキングも2位まで上り詰め、リオデジャネイロ五輪でのメダル獲得も期待されていた。しかし、違法賭博に手を出していたことが発覚し、桃田には無期限試合出場停止の処分が下され、リオデジャネイロ五輪の出場は幻に終わってしまった。

五輪でのメダルが期待されながらもどん底に落ちてしまった桃田。謹慎中は、それまで苦手だった走り込み、筋力トレーニングに黙々と励み、心身ともにパワーアップ。昨年5月、約1年2ヶ月ぶりの復帰戦となった大会で優勝すると、コートにうずくまって涙を流した。そして今年は、4月のアジア選手権でリオデジャネイロ五輪銀メダルのリー・チョンウェイ(マレーシア)、同金メダルの諶龍(中国)をストレートで連破し、日本人初優勝の快挙を達成。5月の世界バドミントン国別対抗戦トマス杯でエースとして6戦全勝。中国との決勝では再び諶龍にストレート勝ちするなど活躍し、日本の準優勝に貢献した。

相手ネット前ギリギリにシャトルを落とすヘアピンショットなど多彩なテクニックに加え、過酷なトレーニングで身につけたパワーとスタミナで、新たな進化を遂げた桃田賢斗。まさに"スーパーマン"となった日本のエースが、今回の世界バドミントンで初優勝を成し遂げ、2020年の東京五輪に突き進んでいく勇姿を見せてくれるはずだ。

また、他にも女子シングルスには2連覇を目指す奥原希望を筆頭に、山口茜も世界バドミントンに出場予定。女子ダブルスはリオデジャネイロ五輪金メダル髙橋礼華&松友美佐紀ペアなどが選ばれており、2年連続のメダルラッシュに期待したい。

写真:APアフロ、AFPアフロ

文=エンターバンク

この記事の画像

放送情報

世界バドミントン2018中国

放送日時:2018年7月30日(月)18:00~

チャンネル:テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!