キリンチャレンジ杯に臨む森保ジャパン。柴崎岳の"相棒"と、伊東純也の起用法は...?

5月31日放送のサッカー情報番組『スカサカ!ライブ』#106では、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表について議論が行われた。

日本がキリンチャレンジカップで対戦するのは、トリニダード・トバゴとエルサルバドル。両国ともに北中米・カリブ海の大陸選手権「ゴールドカップ」を目前としており、今回の日本遠征はその最終調整の意味合いを持つ。

MCの岩政大樹は「決して侮れない相手。両国とも北中米ではあるものの、トリニダード・トバゴはもともとアフリカやインド系の国で、エルサルバドルはスペイン系の国。まったくタイプが違うので、しっかりと意識しながら戦わなければいけない」と対戦相手を分析した。日本にとっては格下の相手ではあるものの、コパ・アメリカ直前の貴重なテストマッチであることには違いない。

スタジオゲストの名良橋晃は、今回召集されたメンバーの中で、ベルギーリーグ制覇を果たした伊東純也(ヘンク)を注目選手に挙げた。「ベルギーリーグで評価を高めているので、スタメンから見てみたい」と、これまで途中出場が多かった伊藤に期待を寄せた。

ボランチは遠藤航(シントトロイデン)が主力を張ってきたが、今大会では招集外となった。柴崎岳(ヘタフェ)の相棒には、橋本拳人(FC東京)や守田英正(川崎)など、代表経験の浅い選手が候補として挙げられる。スタジオゲストの岩本輝雄は、川崎で急成長を遂げている守田を推した。

「僕はフロンターレの試合をよく見ていますけど、守田選手はここ1、2年で一気に伸びました。上手くもなったんですけど、強さもあります。ポジショニングもパス出しもいいので、柴崎と守田のダブルボランチはありだと思います」

また、岩本は「ないとは思いますけど」と前置きをした上で、伊東を右サイドバックで起用する"超攻撃的布陣"にも期待を寄せた。右サイドバックは本職の酒井宏樹(マルセイユ)か室屋成(FC東京)の起用が予想されるが「2人とも速いけど、名良橋晃も速かったからね。それは間違いない」と唐突に名良橋氏を絶賛し、スタジオは笑いに包まれた。

毎週金曜21:00~生放送されているサッカー情報番組『スカサカ!ライブ』。次回は6月7日(金)21:00~放送スタートの予定で、キリンチャレンジカップとチャンピオンズリーグの徹底分析などを放送する。

この記事の画像

放送情報

スカサカ!ライブ

放送日時:2019年6月7日(金) 21:00~

チャンネル:スカサカ!

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!