湘南の守備に苦しみ2位転落のFC東京。岩政大樹が3バック攻略法を語る

11月24日放送の「平畠会議」J1第32節の回では、司会の平畠啓史とともにゲストに岩本輝雄、森岡隆三、岩政大樹を招へい。週末のJ1について熱い議論が行われた。

今回議案に上がったのは、FC東京vs湘南の一戦。試合は前半、松田天馬の得点で湘南が先制したが、後半終了間際に森重真人の得点でFC東京が追いつき、1-1の引き分けに終わった。この結果、FC東京は横浜FMに首位の座を明け渡して2位に順位を下げた。

試合後の記者会見で、湘南の浮嶋敏監督は「サポーターの応援に勇気づけられて、本当に良い戦いができた。ただ、勝ち点3を取るという部分では、1ミリ足りなかったゲームになってしまった」と、手応えを感じながらも結果を悔やんだ。

一方で、FC東京の長谷川健太監督は「なんとか引き分けて良かった」と貴重な勝ち点1に安堵。その上で「久しぶりにホームに戻ってきて『やってやるぞ』という気持ちが少し空回りしてしまったのかな」と、9試合ぶりのホームでの一戦を振り返った。

湘南は3バックでスタートしたが、浮嶋監督が「あれほど引くつもりはなかった」と語ったように、特に後半は5バック気味に引いて守る時間帯が続いた。この湘南の守備に対して、FC東京は思うように崩しきれず、森重のミドルシュートでの得点のみに終わっている。

3バックの攻略法について、岩政は「左右のセンターバックの背後」をキーポイントとして挙げた。

「永井(謙佑)やディエゴ・オリヴェイラはサイドに流れるシーンが多かったが、3バックの一角を外に釣り出しても、中央にはまだ2枚が残っている。その2枚に対して、1枚のFWで勝負するのはかなり難しい。ランニングコースをセンターバックの背後に変えれば、いろいろな選択肢が出てくる」

FC東京は次節も3バックの浦和と対戦する。岩政は「こういったケースを増やさないと、停滞する試合が続くのではないか」と予想した。

一方で岩本は「FC東京が後ろから蹴ってくる前に、湘南の3バックは先にラインを下げる。守備面で数的優位を作ることを徹底していた」と湘南の守備を分析。これに対してFC東京は後半、攻撃に人数をかけて得点を狙ったが、相手の3バックを崩しきることはできなかった。

FC東京は優勝、湘南は残留を目指す中での引き分け。この勝ち点1が何を意味するのかは、残り2試合の結果次第と言えるだろう。

J1リーグ開催週の日曜日21:00~生放送されている「平畠会議」。次回のJ1第33節の回は、12月1日(日)21:00~放送スタートの予定となっている。

この記事の画像

放送情報

平畠会議

放送日時:12月1日(日) 21:00~

チャンネル:スカサカ!

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!