西野翔が語るモテる男性に必要なものとは!?

お笑い芸人・バイきんぐの小峠英二が、各界のエキスパートをゲストに迎え、モテるためのテクニックを学ぶ「モテるの法則」。今回ゲスト出演したセクシー女優の西野翔に、モテる男性になるために必要なものや、今後の展望などについて語ってもらった。

「モテるの法則」という番組に出演されたわけですが、西野さんの考える、モテる男性になるために必要なものを教えてください

「清潔感とある程度の軽快さですね。男性って褒めることをためらう人が多いですけど、もっとそういうところがいいとか、かわいいと思ったことを相手に簡単に伝えられるようになったほうが、女性にはモテると思います」

そういう男性とお付き合いした経験は?

「好きなタイプではなかったんですけど1人付き合ったことがあります。面白い人だったので、友達としてみんなと一緒に飲む間柄だったんですけど、すごくフットワークも軽くてよく会いに来てくれる人でした。ある時『付き合わへんか』と告白をされて、その時は断ったんですけど、その後も毎日会いに来てくれて、毎回『そろそろ考え直さへんか』って告白してくるんですよ。だからそれを振り返ると、やはり少し図々しいくらいの軽さは必要なんだと思います」

モテる男性のイメージは他にもありますか?

「車が来た時にさり気なく誘導してくれる、とかですかね。ふわっと優しくされると、何かなって振り返った時に車だったんだと気付くので、スマートだなと感心します。モテない人はそこをためらっちゃうんですよね。『車』って口で言うだけになっちゃう。スマートな対応ができるかどうかは大切だと思います」

西野さんが付き合いたいと思う人は、やはりモテるタイプの男性ですか?

「それが真逆なんですよ。女性と遊び慣れていない感じの人が好きなんですよね。さっき軽い男をオススメしましたけど、軽くない人がそれができたらとてもモテるという意味なんです。もちろんさっきお話したように、私も車が来て自然と手を引いてくれる人は良いなと思います。でも、テクニックとして使う人は嫌なんです。結果、私は遊び慣れていない感じの人と付き合っちゃうんですよ」

タイプの男性と出会った時は自分からアプローチされますか?

「そうですね。私は態度に出します」

その時に使うモテテクニックを教えてください。

「私の場合、相手の目を見て話すことですね。口説いてほしいなと思った時にいつもより少し大げさにやると、だいたい口説いてくれます。たぶん、遊び慣れていない人って女性に見つめられるとそうなるのかも(笑)。逆に、慣れている人にはテクニックだって気付かれているかもしれません。」

理想のデートプランはありますか?

「昼デートが1番いいです。海や山、遊園地とか昼間しかできないデートを組んでくれるのはポイントが高いですね。やっぱり夜と違って、昼デートってわざわざ1日時間を空けてくれているということなので、ちゃんと思いのある人しかやらないと思うんです。だから、昼デートが私の理想です」

これまでに経験したモテエピソードはありますか。

「18歳くらいの時に人づてに聞いた話なんですが、カフェバーで私のことを気に入ってくれたAさんが私を口説きたいという話をしたら、Bさんが俺も気になっているから行かないでと取り合いになったみたいで。さらにそこに同席していた友達の女の子が『あの子、彼氏いるからやめた方がいいよ』って止めていたそうなんです。でも、私は彼氏なんかいなかったんですよ。だから、女の子に妨害される立場になったってことがモテだなって思いました(笑)」

最後に、今後の活動の目標を教えてください。

「芸能活動とは離れてしまうんですけど、イベンターの仕事がしたいですね。実は事務所の女の子を集めてフェスをすることが決まっていて、既に会場を押さえて事務所のマネージャーに人を集めてもらうところまで進んでいるんです。私の事務所も仕事がなくてくすぶっている子がたくさんいるので、後輩に仕事を回してモチベーションを与えたいというか、日の目を見て欲しくて。私はこれまで出演して良い思いをたくさんさせてもらったので、他の子たちもその喜びを知ってほしいんです。だから、いろんな企画をしていきたいです」

文・撮影=永田正雄

この記事の画像

放送情報

モテるの法則 season10 #3
放送日時:2018年12月5日(水)1:00~
チャンネル:エンタメ~テレ☆シネドラバラエティ

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事