江籠裕奈古畑奈和北川綾巴らの個性が爆発! SKE48ゼロポジ公演が熱い

SKE48のドキュメンタリー映画「アイドル」のBlu-ray&DVD発売を記念して、6月10日にZepp Nagoyaで「SKE48 ゼロポジ公演 2019」が開催された。出演メンバーは江籠裕奈、古畑奈和、谷真理佳、北川綾巴、竹内彩姫、鎌田菜月、熊崎晴香、松本慈子、荒井優希、野島樺乃、後藤楽々、末永桜花、井上瑠夏、北川愛乃、野村実代、佐藤佳穂の16人。それぞれが"自分が1番輝ける曲"をセレクトし、センターポジションで披露するという初の試みで、審査員を務める振付師の牧野アンナ、SKE48のキャプテン・斉藤真木子、ファン歴9年のユリオカ超特Qによって本日のMVP「センターゼロポジ」が決定する。

最初にセンターを務めたのは熊崎。「前のめり」を明るく歌い切り、「心臓バクバクで倒れそうでしたが、みなさんの『くまちゃん、可愛い!』っていうコールを聞いてすごく幸せでした。これからもセンターでいたいという気持ちを"前のめり"に持って、前に突き進んでいきたい」と心境を表した。

続く荒井は「純粋に自分が1番楽しいと思える曲を選びました!」というコメント通り、笑顔で「恋を語る詩人になれなくて」をセンターで歌唱。野村は「Escape」をクールさを前面に出してパフォーマンスし、「センターで歌うのは2回目だったんですけど、みなさんに成長した姿を見てもらえたかなって思います」と手応えを感じた様子。井上は「聴いているだけで元気になれるし、明るくなれる」という理由でSKE48の10周年記念シングル「無意識の色」を選曲。普段のフワフワしたイメージとは違うしっかりとした一面が感じられた。

序盤の4曲が終わったところで16人がステージに改めて登場。ナンバーワンになったご褒美が雑誌のグラビア掲載、そして副賞は高級焼肉店での食べ放題ロケ(もちろん放送あり!)と聞いて、「ガチで取りに行きましょう!」と言った古畑をはじめ、全員のテンションが一気に上がったようだ。

続いてはユニット曲を中心に8曲連続で披露。鎌田は「22歳になって、17(セブンティーン)は逃しましたけど、私を好きでいてくださる皆さんの前で披露できたことが幸せです!」と夏先取りの爽やかな「渚のCHERRY」を聴かせた。江籠は大人っぽい雰囲気で、「この曲のように自分の表情とか表現力だけで魅せる曲をあまりやったことがないなと思って、挑戦の意も込めて歌いました」と「雨のピアニスト」を感情豊かに表現。末永は「トレードマークのツインテールに合う曲」という理由で「天使のしっぽ」をセレクトし、ハート型のバルーンを持ってキュートに歌った。鮮やかな黄色い衣装と明るい歌声で「Glory days」を披露した後藤は「"太陽みたいだね"と言われることが多いので、太陽=Gloryということで選ばせてもらいました」と、満面の笑顔で話した。

この記事の画像

放送情報

SKE48 ゼロポジ公演 2019
放送日時:2019年6月22日(土)21:00~
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事