演技も抜群!エル(キム・ミョンス)の多彩な表情にうっとり

「ミス・ハンムラビ(原題)」よりエル
「ミス・ハンムラビ(原題)」よりエル

2010年に韓国でデビューした6人組ダンスボーカルグループ・INFINITE。日本でも翌2011年にリリースイベントやライブを行うと、"シンクロ率99.9%"と呼ばれる息の合ったダンスと表現力豊かなパフォーマンスで一気にブレーク!2012年からはコンスタントに全国アリーナツアーを敢行するなど、多くのファンに支えられながら着実に進化と成長を続けている。

「ミス・ハンムラビ(原題)」

(C) JCN Co., Ltd. all rights reserved.

そんなINFINITEの中で"ビジュアル担当"と呼ばれているのが、クールな雰囲気と甘い笑顔が印象的なエル(キム・ミョンス)。小顔な上にモデル並みのスタイルを持ち、韓国では広告モデルとしても活躍中だ。恵まれた容姿を武器に俳優としても活躍中で、2011年には黒木メイサ&多部未華子のW主演ドラマ「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」(テレビ朝日系)で日本ドラマ初出演。当時、韓国ボーイズグループの日本ドラマ出演は非常に稀で、演じたミステリアスな少年・ジウはハマリ役。INFINITEのファンはもちろん、一般の視聴者の間でも話題を集めた。

以降は、2012年に放送された韓国ドラマ「美男(イケメン)バンド ~キミに届けるピュアビート」でギタリスト役を演じ、猛特訓して挑んだクールなギターを披露。さらに大学生役を演じたシットコム(シチュエーション・コメディー)「お母さんが何だって」、運転手兼秘書を演じたラブコメディー「ずる賢いバツイチの恋」、韓国トップスターのRAIN主演で話題となった「僕には愛しすぎる彼女」など数々の作品に出演。初の主演を飾ったスカパー!×KBS World制作のファンタジーラブロマンス「君を守りたい~ONE MORE TIME~」では無名バンドのリーダーを演じ、イケメンぶりが堪能できる胸キュンシーン、思いっきり弾けたコメディーシーンなど、喜怒哀楽を激しく表現した芝居に多くのファンが魅了された。 

「ミス・ハンムラビ(原題)」

(C) JCN Co., Ltd. all rights reserved.

2017年には初の時代劇「仮面の王 イ・ソン」にも全力で挑み、演技面での評価もうなぎのぼりのエル。彼の最新ドラマ「ミス・ハンムラビ(原題)」が、このほどDATVで日本初放送!どこでも起こりうるような現実的なストーリーを扱う法廷ドラマで、エルが演じるのは原則主義のエリート判事役。理想主義の熱血新人女性判事を演じるAra(コ・アラ)との共演となり、相反する2人がぶつかり合いながらも判事として成長していく姿、そして恋路が描かれる。何分でも見つめていられそうなエルの超絶クールなスーツ姿と多彩な表情に注目だ。

「Kim Myung-Soo ~L~ 2nd Fanmeeting in Japan」

(C)Digital Adventure

さらに9月1日(土)にはエル日本初のソロファンミーティング、9月8日(土)には2ndソロファンミーティングの模様がDATVで日本初放送。ファンの前だけで見せるナチュラルで飾らない素顔もぜひご堪能あれ。

文=川倉由起子

この記事の画像

放送情報

ミス・ハンムラビ(原題)
放送日時:2018年9月15日(土)23:15~
※毎週(土)23:15~2話連続放送


Kim Myung-Soo ~L~ First Fanmeeting in Japan
放送日時:2018年9月1日(土)23:15~


Kim Myung-Soo ~L~ 2nd Fanmeeting in Japan
放送日時:2018年9月8日(土)23:15~


チャンネル:DATV


※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

関連人物

関連記事