東山奈央、生演奏ならでのアレンジで魅せた初となるビルボード公演 ライブレポート到着

声優・歌手として活動する東山奈央が、5月12日大阪・Billboard Live OSAKA/5月18日と19日に神奈川・Billboard Live YOKOHAMAにて「NAO TOYAMA Billboard Live 2024 "p.rhythm"」を開催した。

2017年2月にTVアニメ「チェインクロニクル〜ヘクセイタスの閃〜」主題歌にもなっているシングル「True Destiny/Chain the world」で歌手デビューを果たした東山。2018年には日本武道館単独公演を成功させた東山が初めてBillboard Liveのステージに立った。いつものライブとは違い、食事やドリンクを味わいながら楽しめるBillboard Liveならではのステージが展開され、訪れた観客は東山の歌声にじっくりと耳を傾けた。今回は全6公演のうち、18日に開催された2ndステージの模様を届けしたい。

今回のライブでは、伊賀拓郎(Piano)、高木大丈夫(Guitar)、一本茂樹(Bass)、伊藤ハルトシ(Cello)、はたけやま裕(Percussion)が参加。5人が後方からステージへと上がると、続けて東山が白い鮮やかなドレス姿で登場し、「off」からスタートする。曲中には「今日は横浜のみんなにアコースティック聴いてもらおうっと」とささやくように語りかけるなど、しっとりと心地良い歌声を届けた。「Last Season」ではピンク色のライトに照らされながら陽気な歌声を披露すると、続く「シアワセリクエスト」ではイントロが流れると会場からはクラップが起こり、東山は客席をじっくりと見渡しながら、会場に集まった観客一人ひとりに目線を合わせていた。

3曲を続けて歌ったところで、東山は笑顔で観客に向けて「改めまして、こんばんはー!」と挨拶。「いつも3時間のライブやっているので、70分はかなりタイトなんですけど、この中にぎゅぎゅっとセットリストを詰め込んでおりますので、最後まで楽しんでいってください」と呼びかけた。いつものライブとは異なるBillboard Liveならではの近い距離感ということで、東山は「MCの間に(食事を)ガツガツ食べちゃってください」と気遣ったり、「おめかししてくださったり、いつも通りだったり、ありがとうございます」とコミュニケーションを楽しんでいた。

続いての楽曲では、最初のソロパートを演奏するバンドメンバーを東山から指名された観客が選ぶという嬉しいサプライズも。今回の公演で選ばれたのは、"パーカッション"。全身を使って奏でるパーカッションソロは圧巻だった。ソロが終わると自然と拍手が湧き、スタートしたのは「ゆれる」。東山の大人びた表情と生演奏らしいリズムを強調したバンドアレンジに観客は酔いしれるように聴き入っていた。「硝子の夜」ではミラーボールの演出がまるで星空のような幻想的な雰囲気を作り出していた。

この記事の全ての画像を見る

公演情報

NAO TOYAMA Billboard Live 2024 “p.rhythm”
Billboard Live OSAKA(大阪)/Billboard Live YOKOHAMA(神奈川)
大阪:2024年5月12日(日)
神奈川:2024年5月18日(土)/19日(日) 各日2部制

NAO TOYAMA Billboard Live 2024 “p.rhythm”事後通販受付中
https://toyamanao.com/2024/04/14/goods-3/

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像