悠木碧の大人の女性らしい落ち着いた声で美しいアメリカの大自然を堪能!

「魔法少女まどか☆マギカ」や「幼女戦記」など、数々の人気アニメに出演している声優・悠木碧。子役として芸能活動を行う中で、2003年に「キノの旅 -the Beautiful World-」で声優としてデビュー(当時は「八武崎碧」名義で出演)。2008年に「紅」の九鳳院紫役でメインキャラクターを演じて以来、声優業を主軸にソロアーティストとして、そして竹達彩奈との声優ユニット「petit milady」としても活躍中だ。

彼女の最大の魅力は、長い芸歴に支えられた圧倒的な演技力だ。映画『君の名は。』のヒロイン・宮水三葉の同級生で親友の名取早耶香での純朴な演技や、『映画 聲の形』のヒロイン・西宮硝子の妹・結絃での少年とも少女ともつかない中性的な声などは、エンドクレジットを見るまで悠木がキャラクターボイスを務めていたとは分からないほど、幅広い声質で多彩な役柄を演じきっている。

(C)National Geographic

そんな彼女がナレーションを務めるのが、ナショジオ ワイルドで放送されるネイチャー・ドキュメンタリー番組「美しきアメリカ:北西部編」だ。アメリカ北西部の美しい大自然と野生動物を紹介するこのシリーズでは、カスケード山脈の火山群、カリフォルニア州の巨大樹の森、モンタナ州の氷河、ロッキー山脈の過酷な自然、そして西海岸の雄大な海などで暮らすユニークでたくましい生き物たちを全5話にわたって紹介する。

第1話の舞台となるのは、アメリカ北西部の太平洋沿いに伸びるカスケード山脈。いつ噴火するか分からない火山群でありながら、今は美しい草原と雄大な山並みを臨むことができる。火山活動によって生まれた多様な地形と、そこに暮らすさまざまな動物たちの姿に、悠木はアニメではあまり聴くことのない、大人の女性らしい落ち着いた声で寄り添っていく。

(C)National Geographic

アメリカで最も危険とされるカスケード山脈は、遠い昔から噴火によって大規模な破壊が繰り返されてきた場所。しかし、時間といくつかの材料により、豊かな自然を取り戻したことでも知られている。その材料の1つとして、最初に必要となるのが「水」だ。豊かな雪解け水が荒野を潤し、花を咲かせ、豊かな草原を呼び戻すまでの過程を、悠木は自然が持つ圧倒的な生命力への畏敬の念を込め、ゆったりとしたテンポで紹介していく。中でも、花の種が風に乗って、あちこちに広がっていく様子を伝える時の優しい声は、聴く者の心を癒やしてくれるに違いない。

オリジナル版は、低音の響きが魅力的なミドルエイジの男性ナレーション。悠木による日本語吹替版は、ファミリーをはじめ幅広い層が楽しめるような、親しみやすさが最大の魅力だ。ぜひ悠木の柔らかな声とともに、アメリカの大自然の美しさを堪能してほしい。

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

美しきアメリカ:北西部編
放送日時:2019年1月1日(火)21:00~
※毎週(火)21:00~
チャンネル:ナショジオ ワイルド
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事