西條和天城サリー倉岡水巴もアニメ「22/7」にワクワクが止まらない!

写真左から、天城サリー、西條和、倉岡水巴
写真左から、天城サリー、西條和、倉岡水巴

秋元康総合プロデュースの下、日本を代表する有名クリエイターが手掛けたキャラクターと、オーディションによって選ばれた少女たちによるデジタル声優アイドル「22/7」(ナナブンノニジュウニ)。2016年12月の結成以来、音楽活動やバラエティー番組「22/7 計算中」などで、着実に人気と実力をつけてきた彼女たち。そして、2020年1月より日テレプラス他で待望のTVアニメが放送される。それに先駆け、滝川みう役の西條和、藤間桜役の天城サリー、河野都役の倉岡水巴の3人にインタビュー。作品に懸ける思いなどを聞いた。

まずは、内気で人と話すことや笑顔をつくることが苦手だが、家族思いの滝川みう役・西條和!

(C)ANIME 22/7

――TVアニメ制作決定の一報を聞いた際のお気持ちは?<

西條「ついに...という感じでした。TVアニメ化自体はもともと決まっていたことで、発表もされていたのですが、実際に時期がちゃんと決まるとあらためて緊張感と責任をすごく感じました」

――TVアニメのキャラクターデザインを初めてご覧になった際の感想は?

西條「見慣れたみうちゃんたちじゃなかったので最初はちょっとドキッとしました。また新たなみうちゃんたちが見られて嬉しかったです」

――初めて台本をお読みになった際の感想は?

西條「実際に取材で私が言っていたことが、みうちゃんのセリフにもなっていたところがあってびっくりしました。でも、そのおかげで気持ちも入りやすかったです」

――初回アフレコ時のお気持ち、またアフレコ現場の様子や雰囲気を教えていただけますか?

西條「最初はそれこそ本当にマイク前に立てないほど緊張していたのですが、毎回メンバーと一緒ということで、いいアットホーム感でみんなに助けられながら収録しています」

――TVアニメのオープニングとエンディングテーマも担当すると聞いた際のお気持ちは?

西條「今までの曲が使われるのかなと思っていたので、新曲だと聞いた時はまずどんな曲なんだろうってワクワクしていました。曲も含めて私たちの雰囲気をたくさん味わっていただけたらいいなと思っています」

――TVアニメの放送が徐々に迫ってきた今のお気持ちは?

西條「どれだけの方に受け入れてもらえるんだろうと不安はありますが、たくさんの方に見ていただいて、少しでも受けとめてくれる方がいたらいいなと思っています」

――ご自身が演じるキャラクターのTVアニメでの見どころを教えてください。

西條「みうちゃんはすごく内気な子なんですが、周りに助けられて不器用ながらも一生懸命頑張っている姿がとても好きです。一歩一歩前に進む、みうちゃんを応援していてほしいです」

――最後に、TVアニメ「22/7」を楽しみにしているファンの皆さんへメッセージをお願いします。

西條「結成から3年、長らくお待たせしてしまいましたが、3年あったからこそ出せたメンバーとの空気感を、アニメでも感じてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします!」

続いては、ロサンゼルス育ちの帰国子女で英語が得意で漢字が苦手な、おばあちゃん子の藤間桜役・天城サリー!

この記事の画像

放送情報

22/7
放送日時:2020年1月24日(金)1:00~
※毎週(金)1:00~
チャンネル:日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

22/7のスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!