猫とクマで異世界転生!?鈴木達央木村昴「生まれ変わってもコンビか!」

写真左から、鈴木達央、木村昴
写真左から、鈴木達央、木村昴

伝説のヒーローを目指す主人公で黒猫のマオマオ、相棒でアナグマのバジャークロップス、そしてマオマオの愛弟子となったコウモリのラブリバット。3人が力を合わせ、伝説の地「ピュアハート・バレー」を守る姿を描くアクション・アドベンチャー「マオマオ ピュアハートのヒーロー」。

4月5日(日)よりカートゥーン ネットワークで日本初放送される本作の吹き替えでは、マオマオを鈴木達央、バジャークロップスを木村昴が担当。今回は放送に先駆けて、これまでもコンビ役で共演したことがあり、本作でも名コンビぶりを披露している2人に、作品に懸ける思いなどを聞いた。

TM & (C) 2020 Cartoon Network

――演じられているキャラクターの第一印象をお聞かせください。

鈴木「初めて作品を見た時は、日本テイストがいろいろ入っている作品だなと思いました。刀なども出てきたりと、日本の文化についても好意的に描かれていると思います。マオマオは表情がすごく豊かで、若干大人っぽい印象を受けました。一方で、黒猫というところがかわいらしく、そこをどのように演じていこうかと考えました」

木村「今までクマを演じたことがない上、ただのクマじゃなくてアナグマなんですよ。その"アナ"感をどうやって出していこうか考えました。片腕がメカで片目が眼帯というインパクトもありますし、パッと見はバジャーもマオマオも悪党なんです。キャラクターの絵を最初に見た時は、海賊か悪者たちを追ったアニメかと思ったんですけど、すごくいいことをしていて、そのギャップがいいなと思いました。子供向けだけどブラックジョークもあって、大人も楽しめる『マオマオ』は大好きです」

――出演が決まった時の気持ちはいかがでしたか?

鈴木「カートゥーン ネットワークは子供の頃から見ていたので、なじみはありました。だから声優の仕事に携わっていく中で、カートゥーン ネットワークの作品には出たいなと思っていたんです。『ぼくらベアベアーズ』についても、パンダ役で出演されている谷山紀章さんに『あの作品すごくいいですね!』って話したことがあります(笑)。そんな中でマオマオ役が決まって、本当に嬉しかったですね」

木村「達央さんとは別のアニメでも、コンビを組ませていただいていました。その時は、達央さんと一緒だと自分が想像していた以上の演技ができる、一緒にお芝居をしていてすごく楽しい先輩だと感じたので、またコンビを組ませていただける点でも嬉しかったのを覚えています」

この記事の画像

放送情報

マオマオ ピュアハートのヒーロー
放送日時:2020年4月5日(日)10:00~
チャンネル:海外アニメ!カートゥーン ネットワーク
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!