鈴木愛奈が新曲MVの撮影裏話を明かす!草原のシーンに隠された苦労

今年1月にアルバム『ring A ring』でソロデビューを果たした声優の鈴木愛奈が、1stシングル「やさしさの名前」を9月16日(水)にリリース。TVアニメ「モンスター娘のお医者さん」のED主題歌にもなっている本作は、温かみのあるミディアムナンバーとなっている。優しさに包まれた曲と評した鈴木に、本作への思いやMV撮影時のエピソードなどを語った。

――今回の楽曲は、『ring A ring』のリード曲「ヒカリイロの歌」とは曲調がガラリと変わりましたね。

「全体的に歌詞に温かみのある、ミディアムテンポの優しい楽曲になりました。この曲は『モンスター娘のお医者さん』のED主題歌でもあるのですが、アニメの世界観や出てくる登場人物たちの魅力、特にグレン先生のモンスター娘たちを治してあげたいという気持ちや、サーフェのグレン先生に対する真っすぐな気持ちに曲全体が合っていて、私自身優しさに包まれる感覚で歌わせていただきました」

――歌う上で意識されたことは何ですか?

「どうすれば曲の雰囲気が柔らかくなるのか、1つ1つのフレーズごとに考えていて、今回は私が小さい時に習っていた民謡の独特の節回しを混ぜることで、うまくはまってくれた気がします」

――レコーディング時にこだわった部分は?

「終盤の『何ができるだろうただきみのために』という部分は、あなたの隣に寄り添う味方だよ、という歌詞なんですが、口に出して相手に伝わるように歌うのか、心の中で思っているように歌うのか、何パターンも録らせていただきました。最終的に、大切なあなたに対する全力の問い掛けと自分への問い掛けという意味で、心をさらけ出すような歌い方になりました」

――心に残っているフレーズはありますか?

「全部ですが、『ほとり』や『おひさま』、『ストウブ』など、温かみのあるフレーズが多いと思います。良い意味で昔のアニソンのような温かさというか、家族や愛情みたいなものをすごく感じました。『愛』という言葉も割と多くて、デビューアルバムの時から縁を大事にしていきたいという私の気持ちにも当てはまったので、共感できる歌詞がすごく多かったですね」

この記事の画像

放送情報

モンスター娘のお医者さん
放送日時:2020年9月17日(木)23:00~
※毎週(木)23:00~ほか
チャンネル:アニメシアターX(AT-X)
※放送スケジュールは変更になる場合があります


<リリース情報>
「やさしさの名前」
発売日:2020年9月16日(水)
※TVアニメ「モンスター娘のお医者さん」ED主題歌

鈴木愛奈のスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!