映画「Dr.コトー診療所」出演の生田絵梨花 島での撮影は「過酷で大変な撮影でした」

生田絵梨花
生田絵梨花

生田絵梨花が12月16日(金)公開の映画「Dr.コトー診療所」に出演する。同作品は、累計発行部数1200万部を超える山田貴敏の同名漫画をドラマ化したもので、離島という過酷な医療環境の中で、吉岡秀隆演じる島唯一の医師・五島健助(コトー)が医療を通して島民と心を通わせていく医療ヒューマンドラマシリーズの劇場版。16年ぶりに再集結したドラマシリーズのキャストに、生田やKing & Prince・高橋海人(※高ははしご高)といった新キャストを加え、2006年に放送された連続ドラマの16年後を描く。

長い年月をかけて島民たちと信頼関係を築いてきたコトーは、今や島にとってかけがえのない存在になり、数年前に結婚した看護師・彩佳(柴咲コウ)との間に子供が生まれようとしていた。そんなある日、財政難にあえぐ近隣諸島との医療統合の話が持ち上がり、コトーに「島を出て拠点病院で働かないか」という提案が寄せられる。島の未来になるとは理解しながらも、なかなか返事ができないコトー。そんな中、巨大な台風が島に近づき、想像を超える被害が発生。次々と運び込まれる急患に、診療所は野戦病院と化してしまう。生田は彩佳に憧れて数年前から診療所で働いている、島出身の看護師・那美を演じる。

今回、生田にインタビューを行い、人気ドラマシリーズの劇場版に新キャストとして参加することになった時の感想や作品に懸ける思い、役作りについてや撮影秘話、共演者とのエピソードなどを語ってもらった。

――出演が決まった時の感想は?

「『私でいいんですか...?』ってすごく思いました。ドラマシリーズは小学生くらいでしたが観ていましたし、看護師役ということでシリーズで看護師をやられているのは柴咲さんと蒼井優さんなので、『そこに私が続けますか!?』って(笑)。とても愛されている作品ですし、それが16年ぶりに制作されるということで、新人としてそこに入ること自体にすごいプレッシャーと緊張がありました」

――島出身の看護師という役柄については?

「(ドラマシリーズから続くキャストの)皆さんの中に入れるか不安だったのですが、皆さんが気さくに話し掛けてくださって、すぐに馴染むことができました。特に泉谷(しげる)さんが役としても泉谷さんとしてもムードメーカーになってくださって、独りでいたら『こっち来いよぉ!』って積極的に、そして豪快に輪に入れてくださいました」

――演じる上で意識したことは?

「那美はコトー先生と彩佳さんにすごく頼られている存在なのですが、それってすごいことで。あの2人に頼られているなんて!だから、すごく仕事ができるだろうし、機転も利くだろうし...。そういったところが喋り方とか動きの機敏さに表れていたら良いなということを、監督とも話し合いながら演じていました」

映画情報

『Dr.コトー診療所』
2022年12月16日(金)全国東宝系にてロードショー

生田絵梨花のスカパー!出演情報は公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事