加地亮が東京五輪世代のサイドバックに物申す!?C大阪は奥埜博亮がカギを握るか

4月12日放送のサッカー情報番組『スカサカ!ライブ』#99では、ミッドウィークに行われたYBCルヴァンカップ第3節を徹底解説しつつ、リーグ戦の注目クラブとしてC大阪を特集。スタジオゲストに安永聡太郎と加地亮を招いて、議論が展開された。

各地で激闘が繰り広げられたYBCルヴァンカップ第3節。安永は、札幌の高卒ルーキー・檀崎竜孔に注目した。檀崎は今節にプロ初ゴールを挙げ、巧みなパスでエース・鈴木武蔵のゴールもお膳立て。1ゴール1アシストと大車輪の活躍を見せた18歳に対して、安永は「高校の時のイメージだと、ワイドに張ってボールを受けるか、もしくはフィニッシャーとして『最後は自分』という色が濃い選手だと思っていた。独特なシステムの中に自分の良さをどう落とすか、というところは着実に積んできている」と成長を感じている。

一方、加地は神戸でプロ4年目を迎える東京五輪世代のサイドバック・藤谷壮をピックアップした。「非常に攻撃力があり、シュートにも絡める。足も速く能力が高い」と評価をしながら「面白くなくなった」とバッサリ。ルーキーの時と比較すると、パスを重視するチームスタイルの中で、上下動の量と質が低下していると分析し、「走り切ることは若いうちしかできない。僕は前半で何回と決めていたし、前の選手がボールを持てば絶対に上がっていた」と自らの経験も踏まえ、藤谷にエールを送った。

また、リーグ戦では第6節終了時点で11位と、波に乗り切れていないC大阪を特集した。開幕節こそ大型補強の神戸を撃破したが、その後は連敗を喫して順位を落としている。ロティーナ監督を迎えた新体制の中で、守備を重視したサッカーをチームに浸透させている最中だ。

キャプテンの清武弘嗣は「新しい監督になったので、戦術の落とし込みはまだできていない」と現状を語った。ロティーナ監督は「重要なのは、我々が選手のことを詳しく知ること。選手たちは真摯に取り組んでいるが、まだまだ成長の余地がある」と選手の姿勢を評価した上で、今後に期待を寄せた。

C大阪の練習場に足を運んだ加地は、ベガルタ仙台から今季新加入の奥埜博亮に注目した。「後ろでバランスを取りながら、決して派手なプレーではないものの、攻守両面でつなぎ役になっている」と、奥埜のプレーに太鼓判を押した。

奥埜は「ブロックを作ってゴール前を固めるというのはやれている。今は小さな隙をなくすというところに取り組んでいる」と、チームが守備に重点を置いていることを明かした。

毎週金曜日21:00~ 放送されている『スカサカ!ライブ』。次回は4月19日(金)21:00~ スタートの予定で、フライデーナイトJリーグ「川崎F vs 湘南」のレビューや、U-20日本代表キャンプレポートなどを放送する。

この記事の画像

放送情報

スカサカ!ライブ

放送日時:2019年4月19日(金) 21:00~

チャンネル:スカサカ!

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!