岡田紗佳は時間があればひたすら麻雀が打ちたい!?

エンタメ〜テレにて6月6日(水)よりスタートする新たな麻雀番組「理麗(リレー)麻雀 ~最強女流ペア決定戦~」。日本プロ麻雀連盟所属の女流プロ16人が二人一組の計8チームに分かれ、最強ペアを決めるべく戦いを繰り広げる。打ち手が東場と南場で代わるリレー方式で争い、東場と南場の間で作戦タイムを設け、南場の戦い方を2人で相談するなど、麻雀では珍しい試みにチャレンジしている意欲作だ。今回はその出場者の中から岡田紗佳、東城りお、高宮まりの3名にインタビューを敢行した。まずは"チームフォトジェニック"の岡田紗佳に突撃。麻雀愛に溢れた彼女の素顔が垣間見えた。

通常の麻雀とは違い、かなり特殊なペア麻雀ですが実際に体験してみていかがでしたか?

「東場と南場の引き継ぎで意外とみんな遠慮していたりするシーンもありましたが、普段個人での戦いである麻雀でチームワークが試されるという意味では、とても新鮮でしたね。ペアとの仲が深まるような感じがしました」

岡田さんが麻雀を始めたきっかけは何でしょうか?

「私は小学生の間、中国で育ちましたが、当然のようにおばあちゃんの家には雀卓があったんですね。よく家族が麻雀をしているのを見ていて。それで興味を持って私も麻雀を打ち始めました」

女流雀士になった経緯を教えてください。

「大学生の時に"大学麻雀駅伝"っていう番組があって、青山学院大学代表で参加しました。そこにちょうど日本プロ麻雀連盟の方がいて"プロになってみない?"と声をかけていただいて。それから勉強会にも行きだして、今に至るという感じです」

普段の会話で、麻雀用語がつい出てしまうことはありますか?

「出ているとは思いますが、たぶん気がついていないと思います。周りに麻雀のプロも多いので。でも両面(リャンメン)って普通に言いますよね?テレビ業界でもリャンメンテープとかって使いますし、むしろ両面(りょうめん)って言ったことがないかも(笑)」

プライベートでも麻雀は打たれますか?

「プライベートで麻雀を打つという意識があまりないですね。麻雀を打つときはいつも真剣で、遊びで麻雀を打つということがないので」

女流雀士とモデル業という異なる業種で活躍されていますが、違いはありますか?

「私は結構モデルが仕事で麻雀は自分が好きなことをやっているみたいな意識なんですね。だから、麻雀の時間がすごく楽しくて、モデルは仕事として頑張るみたいな感じはあります」

今後の目標を教えてください。

「もちろん結果を残したいとは思いますが、とにかくたくさん試合に出たい。打ち続けるというのが私の一つの目標なんです。ゲームやアニメも好きですが、時間があったら"麻雀したい"って思っています(笑)」

文=安藤康之 撮影=後藤利江

5月17日は東城りおの"理麗"インタビューを公開!

この記事の画像

放送情報

理麗麻雀 ~最強女流ペア決定戦~

放送日時: 2018年6月6日(水)22:30~

チャンネル: エンタメ~テレ☆シネドラバラエティ

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

関連人物

関連記事