東城りおが麻雀を始めたきっかけは「実家がオフライン」だったから!?

エンタメ〜テレにて6月6日(水)よりスタートする新たな麻雀番組「理麗麻雀 ~最強女流ペア決定戦~」。日本プロ麻雀連盟所属の女流プロ16人が二人一組の計8チームに分かれ、最強ペアを決めるべく戦いを繰り広げる。打ち手が東場と南場で代わるリレー方式で争い、東場と南場の間で作戦タイムを設け、南場の戦い方を2人で相談するなど、麻雀では珍しい試みにチャレンジしている意欲作だ。今回は"チームフォトジェニック"の東城りおに話を聞いた。

前半戦を終えて、初めてのペア麻雀はいかがでしたか?

「東場と南場でそれぞれプレイヤーが入れ替わるので、いい緊張感がありますね。それぞれがどういう戦略を立てるのかとか、今までにないものをお見せできるかなと思います」

東城さんが麻雀を始めたきっかけは何でしょうか?

「父がすごく麻雀好きだったので、その影響が大きいですね。あと20年近く前の話ですけど、当時まだ実家にインターネット環境がなくて、パソコンでできるゲームが限られていたんです。その時にオフラインの状態でできたゲームの1つが麻雀で、見事にハマりましたね(笑)」

女流雀士になった経緯を教えてください。

「きっかけは、雀荘でウエイトレスとして働いたことです。その店にはプロしかお客さんの卓に入れないというルールがありました。私も麻雀が好きだったので、一緒に卓に入って麻雀を打ちたいと思い、それでプロになろうかなと(笑)」

麻雀のスタイルには性格が出ますか?

「私は出るタイプですね。でもそれは迫られた局面というか、本当に自分が追い込まれた時にそういう素の部分が出てくるんじゃないかと思います」

重要な試合などでゲンを担いだりしますか?

「私は勝っている間はずっと同じことをして、ちょっと負け始めたら違うことをします。あと試合が始まる前に卓は絶対に拭きます。麻雀を打つ人ならわかってもらえるんじゃないかと思いますが、前の人の悪い流れが残っていたら嫌だな、という考えからですね(笑)」

女流雀士とグラビアタレント業という異なる業種で活躍されていますが、麻雀にいい影響はありますか?

「やっぱり麻雀を打っている時って、麻雀の狭いところしか見えていないんです。あえて麻雀をしない時間を作ってみると、また新しい答えが見つかることもあります。だから違うお仕事も積極的にしたいと思いますが、それはやっぱり麻雀のためという感じですね」

今後の目標を教えてください。

「タイトル戦や公式戦には積極的に参加したいです。テレビ番組は短期戦なので、運だけでも勝てたりすることもありますが、それだけではなく実力もつけてしっかり公式戦で結果を残したいですね」

文=安藤康之 撮影=後藤利江

5月19日は高宮まりの"理麗"インタビューを公開!

この記事の画像

放送情報

理麗麻雀 ~最強女流ペア決定戦~

放送日時:2018年6月6日(水)22:30~

チャンネル:エンタメ~テレ☆シネドラバラエティ

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!