GACKTのライブに懸ける想いとは?最新バースデー公演をインタビューと併せてオンエア!

GACKTがピアノ&ボーカルにKを迎え、ストリングスと共に歌声を響かせたプレミアムなツアー「GACKT LAST SONGS 2021 feat. K」。その7月4日に行われたバースデー公演の模様が、撮り下ろしインタビューと併せて、9月19日(日)にWOWOWライブにて放送される。

6月29日からスタートした同ツアーは、2018年のバースデーライブでも共演した、シンガーソングライターのKをピアノ&ボーカルに迎え、ストリングスの演奏を交えての、より歌唱と楽曲を堪能できる演出で届けられた。GACKTのナンバーはもちろん、彼が率いるYELLOW FRIED CHICKENzやKの楽曲も交え、2人のハーモニーで観客を魅了した。

コロナ禍での制約を逆手に取った、この状況だからできるライブをというGACKTの想いと、ジャジーなアレンジやストリングスを加えた柔軟な発想から誕生した編成を実現。MCではそんな雰囲気から一転、息がぴったりのKとのトークで会場を沸かせた。誕生日を祝いに、GACKTが美声を認めているというミュージシャンでYouTuberの虹色侍のボーカル担当・ずまも登場し、3人での「LAST SONG」を聴かせるなど、GACKTのサービス精神が満ちたライブとなった。

放送では楽曲をノーカットでオンエアするほか、貴重なリハーサル映像、 Kとの撮り下ろし対談や息の合ったMCもたっぷりのスペシャルな構成に。Kとの対談では、今回のライブに懸ける想い、中止にした前回ツアーの福岡公演についてや、今後の展望などがじっくりと語られている。なお、放送に先駆け、GACKTのコメント入りライブダイジェストが番組サイトにて公開中だ。

また、9月19日(日)には、GACKTが2018年の自身の誕生日に、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、Shinya(DIR EN GREY)、Kらを迎え開催したライブ「GACKT's -45th Birthday Concert- LAST SONGS」も放送。彼の45歳の誕生日である、2018年7月4日に東京・STUDIO COASTにて開催されたライブは、翌年ソロ活動20周年を迎えるGACKTが最期に歌いたい曲=LAST SONGSをセレクトし、披露するというコンセプトで企画され、全世界に配信されたことでも大きな話題を呼んだ。

お祝いに駆け付けた仲間たちの顔触れも、この日のライブをより一層盛り上げた。ゴールデンボンバーの鬼龍院翔、GACKTを中心に結成されたバンド YELLOW FRIED CHICKENzのボーカルJon Underdown、DIR EN GREYのShinya、ソウル出身のシンガーソングライターK、スウェーデン出身のヴィジュアル系ボーカリストYOHIOという個性豊かなメンバーとのコラボレーションは、GACKTの作品の新たな側面を映し出すと共に、彼のミュージシャンとしての奥深さを明らかにする貴重な一夜となった。

先日、体調不良による活動休止を発表したGACKT。これらのライブを見ながら、静養しその回復を望むと共に活動再開を願いたい。

この記事の画像

放送情報

GACKT's -45th Birthday Concert- LAST SONGS
放送日時:2021年9月19日(日)17:15〜
GACKT LAST SONGS 2021 feat. K
放送日時:2021年9月19日(日)19:00〜
チャンネル:WOWOWライブ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!