マルチすぎる才能の塊!キム・ヒョンジュン"オフ"の顔もお茶目で完璧

ドラマで見せる俳優の顔、CMで見せるタレントの顔、ステージで見せるアーティストの顔...と、さまざまな顔を持つキム・ヒョンジュン。彼の多彩な魅力は、一度知ると"沼"のように深く、どっぷりハマってしまう人も少なくない。

俳優活動の軌跡を振り返ると、2009年の韓国ドラマ「花より男子~Boys Over Flowers」で抜群のビジュアルを誇るユン・ジフ(花沢類)役を演じ、日本でも一躍ブレイク。彼の王子様然としたルックス、主人公を陰で支える献身ぶりやその表情にキュンキュンさせられた視聴者は山のようにいたことだろう。

その後、「イタズラなKiss~Playful Kiss」(2010年)でも整った容姿を活かして、ツンデレ&天才高校生のペク・スンジョ役を好演。これでもかというほど女心を揺さぶり、同世代の役者を代表する"若手イケメン俳優"に成長した。

しかし、彼の芝居はいわゆる"ティーン向け"作品に留まらず、ドラマ「感激時代〜闘神の誕生」では男性的な魅力があふれる役に挑戦。さらに4年ぶりのドラマ主演で注目を集めた「時間が止まるその時(原題)」(2018年)では、時間を止める能力者という新しいキャラクターを安定感のある芝居とダイナミックなアクションで完遂。出会うすべての作品を自分のターニングポイントに変え、俳優としてストイックに成長を続ける彼の次回作を早くもファンは期待している。

一方、音楽面ではSS501のグループ時代から大きく舵を切り、ソロアーティストとしてロックな楽曲やハードなサウンドのナンバーを量産。作詞・作曲も自らこなし、ライブでは楽曲ごとの世界観をていねいに構築した上でエモーショナルな歌声を披露。自分の音楽性と、パフォーマンススタイルをとことん追求する"ザ・ミュージシャン"な佇まいには心を掴まれてしまう。去る2月には、韓国で最新フルアルバム『NEW WAY』を発売したばかり。作詞・作曲・編曲にすべて参加し、歌手はもちろん、プロデューサーとしての才能も見せつける本作でさらに進化した姿を見せてくれた。

密着バラエティ「生(なま)ヒョンジュン」

(C)HENECIA CO.,LTD.

そんな彼の素顔に迫る密着バラエティ「生(なま)ヒョンジュン」が、衛星劇場にて4月19日(金)より日本初放送される。男らしく仕事に没頭するクールさから一転、ファンミーティングなどの場で見ることのできるお茶目な言動や、スイッチを"オフ"にした時の素の一面...など、ここでしか見られないヒョンジュンの表情が目白押しだ。一見。冷静かつマイペースのように見えて、心の内側にはいつも熱いものを燃やす――そんな彼の"素顔"をぜひ堪能してほしい。

文=川倉由起子

この記事の画像

放送情報

密着バラエティ「生(なま)ヒョンジュン」
放送日時:2019年4月19日(金)22:30〜
※毎週(金)22:30〜
チャンネル:衛星劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!