撮影中に骨折も!キム・ナムギルがガチアクションで挑んだ新境地とは?

男の色気あふれるルックスと、ストイックに役にのめり込む確かな演技力で根強い人気を誇るキム・ナムギル。彼がスタントを使わず熱血なアクションシーンに挑戦し、自身のパブリックイメージを覆すコメディ演技まで披露したのが、KNTVにて8月9日(金)から日本初放送となる最新主演作「熱血司祭(原題)」だ。誰もが楽しめる痛快アクション・コメディとして韓国で高視聴率を記録し、シーズン2も期待されている本作の見どころや裏話などを、ナムギルに語ってもらった。

「熱血司祭(原題)」

(C)SBS

――演じた役柄の紹介をお願いします。

「私が演じた役はキム・ヘイルという神父なんですが、特殊部隊出身で、そこで培った能力を発揮しているので、普通の神父ではありません。憤怒調節障害もあり、正義や不条理なことに対してカッとなり、神父に必要な徳目より、行動に移してしまう行動派のキャラクターです」

――本作の見どころを教えてください。

「今私たちが暮らしている社会で、人々が持っている正義に反した不条理な鬱憤をスカッと吹き飛ばせる要素を持ったドラマです。韓国では神父が主題となっているドラマは初めてでしたし、正義を打ち破る方法として、特殊部隊で培った神父らしからぬ能力を発揮するという言動の数々も非常に面白い。日本の皆さんにも、とにかく"普通じゃない神父"をぜひ楽しんでほしいですね」

「熱血司祭(原題)」

(C)SBS

――台本を初めて読んだときの印象は?

「新鮮でした。特殊部隊出身の司祭というキャラクターが興味深く、ドラマや映画を選ぶ時はストーリーを主に見るのですが、この作品はストーリーがかき消されるほどキャラクターの個性が強かったです。話の内容も面白かったですが、一番インパクトが強かったのはキャラクターが持つ新鮮度。韓国でも司祭に関連したドラマや映画はたくさんありましたが、これまでの作品とは違うなと思い、表現してみたいと出演を決めました」

「熱血司祭(原題)」

(C)SBS

――感情の起伏が激しいヘイルを演じるのは大変ではありませんでしたか?

「私も感情の起伏がとても激しいので(笑)、まったく大変ではありませんでした。(共演の)キム・ソンギュンさんやイ・ハニさん、コ・ジュンさんなど周りの俳優さんたちが、初めて台本を読んだ時に『上手ですね』と誤解していましたが、撮影を進めるにつれ、演技が上手なのではなく本人ととても似ているんだなと言っていました(笑)。回を重ねるごとに、キム・ヘイルとキム・ナムギルはとても似ていると周りがたくさん話していました。演技しているというより、本来の私の姿をお見せしていると思います(笑)」

「熱血司祭(原題)」

(C)SBS

――アクションシーンはどのように準備されましたか?

「アクションは若い頃からたくさんやってきましたし、個人的にも好きです。以前からご一緒しているアクション監督だったので、私が得意なもの、不足している部分をよくご存じでした。アクション俳優の方々もたくさん配慮してくださいました。直接当たってなくても本当に当たったように、痛いようにリアクションをしてくれたので、アクションシーンが上手くでき上がったと思います。今までのドラマでもアクションをする作品はたくさんありましたが、神父服を着てアクションするのは他のドラマと違うと思いますし、これまで出演したドラマでのアクションシーンとは違う雰囲気を表現したいと思っていました。この作品では、過激というよりは舞い踊るように、ポイントを絞ってインパクトを付け、特殊部隊出身ならではのアクションを意識しました」

「熱血司祭(原題)」

(C)SBS

――撮影中に手首や助骨を骨折するほどの熱演でしたが大丈夫でしたか?

「その時は痛みを感じませんでした。体力的には大変でしたが、体力よりも、その怪我によって降板になり兼ねない状況が心配でした。ドラマの反応が良く、周りの注目も多かったので、その良い流れを切りたくありませんでした。鎮痛剤を飲んで我慢していましたね。結果的には、降板せずに続けたことが全体的にも良い反応になったと思います」

「熱血司祭(原題)」

(C)SBS

――最終話を控えて「正義が何なのかを考える時間になった」とコメントしていましたが、ナムギルさんが考える正義とは何ですか?

「正義はそんなに大げさなものではなく、人が生きていく中でお互いに対する理解や配慮ができること、また、最も基本的なことから外れないことが正義だと思います。ヘイルのセリフに『善人にも過去があり、罪人にも未来がある』という言葉があります。今幸せに暮らしている善人にも過去があり、その過去を通じて成熟し、罪人にもこれから暮らす未来があります。人は変われると信じています。また、最後にヘイルが許すのも、過去と未来は続いているから...ではないかと思うんです。正義よりひとりの人の過去と未来、罪人を許す勇気、許しを受け入れる勇気、これらが『熱血司祭』のメインの主題なのではないでしょうか」

「熱血司祭(原題)」

(C)SBS

――高視聴率を記録し、シーズン2の声もありますが、シーズン2に期待してもいいでしょうか?

「日本での反応が良ければシーズン2ができると思いますので、たくさん愛してください!(笑)」

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

「熱血司祭」インタビューSP
放送日時:2019年8月2日(金)23:00~
熱血司祭(原題)
放送日時:2019年8月9日(金)20:50~
※毎週(金)20:50~2話連続放送
チャンネル:KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!