水瀬いのりが「五等分の花嫁」第1期の思い出を告白!花澤香菜に見守られてドキドキ

「落第寸前」「勉強嫌い」の五つ子姉妹と、アルバイト家庭教師として彼女たちを「卒業」まで導くことになった高校生・上杉風太郎の姿を描いたTVアニメ「五等分の花嫁」。そんな風太郎と五つ子の新たな試験が幕を開けるTVアニメの第2期「五等分の花嫁∬」が、2021年1月よりTBSチャンネル1ほかで放送開始される。今回、不器用だが真面目でひたむきな努力家の五女・五月を演じる水瀬いのりにインタビューを行い、作品への思いなどを聞いた。

――第1期を振り返っての感想をお聞かせください。

「アニメ化が決まる前に、四葉役の佐倉綾音ちゃんが五つ子全員を演じたCMを見ていて、その反響を含めて皆さんのアニメ化への期待もあり、この五つ子を一体誰が演じるんだろうと、原作ファンの皆さんも考えていたと思うんです。私自身も自分が中野家の五月を演じることへのプレッシャーと、アニメ化でどれだけ五つ子の魅力をアップできるかなということを、すごく考えながら演じていました。放送後は、皆さんからたくさんの反響があり、『五等分の花嫁』ブームが加速しているのが感じられて、アニメ化に関われた喜びを感じました」

――第1期で印象に残ったシーン、またアフレコ時に思い出に残っているエピソードがありましたらお聞かせください。

「『五等分の花嫁』を語る上ではきっと欠かせない、五つ子たちの入れ替わり芸がありますが、中でも林間学校で五月が一花のフリをするシーンでは、花澤(香菜)さんの声を自分なりにマネして演じたんですけど、それをご本人に聴かれるという、すごく緊張する場面でしたね。アフレコ中も花澤さんが演じている一花の声をいつも以上に聴いて、なるべく声をマネするよりも口調や語尾の柔らかさを似せられたらいいなと思いながら頑張りました。後ろで花澤さんが見守ってくださっている状態での演技だったので、私にとっても印象に残っていますし、五月が頑張って一花のフリをしたというのも含めてドキドキでした。アフレコは毎回、和やかな雰囲気の中で行われました。特に、(伊藤)美来と松岡(禎丞)さんがお話ししているのを見るのが好きでしたね。ただただ優しい時間が流れる会話に癒やされ、そういうのも含めて、みんなで1つの作品を作っているんだなと感じていました」

――第2期の一報をお聞きになった際の気持ちをお聞かせください。

「第2期もあるかなというのは予感していたというか、きっとこれでは終わらないだろうみたいな思いがあったので、期待はしていました。第2期があるということは、(2019年5月に開催された)第1期のスペシャルイベントの際に伺って、何かいろいろ考えていることがあると感じさせる発表だったので、これからその素敵なビジョンが叶っていくんだろうなと思いました」

――新たな監督や音響監督を迎えての第2期となりますが、皆さんが感じる第1期との違いがありましたらお聞かせください。

「第2期の物語は恋心故の起伏というか、みんなで勉強を頑張ろうという中で、五月が自分を他の姉妹と比べてしまって落ち込む繊細な心理描写も、かおり監督が女性ということもあってか、すごく丁寧に描かれているんです。この作品がラブコメ以外のシリアスな部分でも、少女たちの成長を描く、とても魅力的なアニメだということを再確認できました」

この記事の画像

放送情報

五等分の花嫁∬
放送日時:2021年1月18日(月)1:30~
※毎週(月)1:30~ほか
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!