タカガールの内田真礼がホークス愛を熱く語る!

内田真礼
内田真礼

2020年シーズン、3年ぶり19度目のパ・リーグ優勝や4年連続11度目の日本一に輝くなど、圧倒的な強さを見せた福岡ソフトバンクホークス。そんな常勝チームをこよなく愛するファンのための決起集会「開幕直前!ホークスファン決起集会2021」が、スポーツライブ+にて放送される。来る開幕に向け、野球愛溢れるレッド吉田、袴田彩会のMC陣と、原口あきまさ、スパローズ森田、ノボせもんなべ、いのけんら若鷹軍団のガチファンや池田親興、五十嵐亮太といったホークスにゆかりのある解説者がスタジオに集合。今シーズンのことはもちろん、過去のことでもホークスのことなら何でもありの2時間を語り尽くした。
そんな中で、紅一点の"タカガール"として参加したのが、人気声優・内田真礼だ。自身の名前と「18」の背番号が入ったタカガールユニフォームに身を包んだ彼女も、原口らに勝るとも劣らない"ガチファン"ぶりを番組内で披露していた。今回、番組収録直後の内田にインタビューを敢行。熱いホークス愛を語ってもらった。

――今日の収録のご感想をお聞かせください

「すごく楽しみにしていたのですが、収録が始まってしまうと緊張してしまって...。もうボロボロ...(笑)。でも、すごく幸せでした!東京のスタジオにいながら、映像では福岡ソフトバンクホークスの本拠地・PayPayドームの中にいる気分が味わえる背景になっていたので『久しぶりにPayPayドームに来た!』という気持ちでした」

――今回の番組出演のオファーが届いた際の率直なご感想をお聞かせください

「ホークスだけのトーク番組ということだったので『え、いいんですか?』という気持ちでした。少しドキドキしつつも、東京に住んでいるとホークスファンのお友達がなかなか増えないので『これはいい機会かも』と思い、出演させていただくことになりました。今回、共演させていただいた方々とは、ほとんど初対面でしたし、ひな壇に座ることもなかなかないので、きちんとリアクションできるかな、と思っていたのですが、皆さんのお話を聞いているだけでも楽しかったです」

――番組内で流れた、石川柊太選手から内田さんへビデオメッセージでの「『帝国華撃団』の歌をぜひ聴かせて欲しいですね」というリクエストについてのご感想をお聞かせください。

「『新サクラ大戦』というゲームに東雲初穂という役で出演させていただいているのですが、まさか、そのキャラクターについて振られるとは思っていなくて。台本にも書いていなかったので『歌っちゃってもいいのかな...』と思いつつ、歌い始めたら、音が外れてしまって!いつもは石川選手の投球を見て『すごい!』『ナイス!』って思っていますけど、今回は『やってくれたな!』となりました(笑)。次はいいキャッチができるように頑張ります!」

――内田さんのホークス愛に触れて、今年から野球観戦、そしてホークスを応援しようと思われている皆さんに、ホークスの魅力をお聞かせください。

「ホークスを応援していると元気がもらえるんですよ。やっぱり常勝チームということで、勝ち続ける姿を観るだけでもそうですし、その中で活躍している、輝いている選手を観ることでもパワーがもらえるんですよね。あと、私は応援団の皆さんを観るのも好きなんですよ。応援団の方々の熱い声援によって、ひとつになる球場にいるだけでもパワーがもらえるので、私と一緒にホークスを応援しましょう!」

この記事の画像

放送情報

開幕直前!ホークスファン決起集会2021
放送日時:2021年3月22日(月)18:00~
チャンネル:スポーツライブ+
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!