阪本奨悟の即興で作った曲に平野良が感動!「『いいちこ』いってたら、泣いてた...」

「2.5次元ナビ!」に出演する平野良、阪本奨悟、松井勇歩
「2.5次元ナビ!」に出演する平野良、阪本奨悟、松井勇歩

MC・平野良と2.5次元舞台を中心に活躍する人気俳優が、ここでしか聞けない本音トークを繰り広げる情報バラエティ「2.5次元ナビ!」。日テレプラスで9月26日(月)に放送される#66では、平野も出演していたミュージカル『テニスの王子様』の青学(せいがく)4代目 越前リョーマ役を務め、今秋10~11月に主演作・音楽劇『まほろばかなた』の上演を控える阪本奨悟が登場。

ギターを持ち、即興ソングを披露する阪本奨悟
ギターを持ち、即興ソングを披露する阪本奨悟

(C)CS日テレ

ナビ隊!による最新舞台リポートでは、イエローの松井勇歩がミュージカル「『青春-AOHARU-鉄道』~誰が為にのぞみは走る~」を紹介。平野は海千山千のキャスト陣について「(出演キャストが)安定感があったね。キラキラ感はないけど(笑)」と明かし、「キメちゃん(KIMERU)の3役って観てみたいね~」とコメント。そんな中、作品の内容から鉄道の話題に。関西出身の松井が阪急電鉄になじみがあることを明かすと、平野が「関西の鉄道って薄暗くない?(笑)」とにやり。そんな平野に対し、松井は「明るいわ!」と全力でツッコむ一幕も。また、平野が演出・主演を務める「2.5次元ナビ!シアターVol.1~セッションしようゼ!~」の話題では、平野がキービジュアルに込めた思いやキャストに期待していることを告白。さらに、「俳優が魅力的に見えたらいいなと思ってる」と演出についても言及する。

(C)CS日テレ

ゲストトークのコーナーでは、阪本が登場。久しぶりの再会に、平野は「オーラが落ち着いてきたねぇ」としみじみ。そして、阪本の芸能界に入ったきっかけについて紐解いていく。「母親に写真を撮られて勝手に履歴書を送られていた」という阪本の告白に、平野は仰天。さらに、CMやドラマに出演していた小学生時代の周囲の反応や学業と芸能活動の両立についてや、共演当時の互いの印象なども掘り下げていく。「奨悟はずっと歌ってたイメージ。奨悟の歌でワンオク知ったもん。あと、めっちゃ大食いのイメージ」という平野の発言から当時の思い出話に花を咲かせる2人。さらに、17歳の時に一度芸能から離れたという話題では、阪本が当時の葛藤や悩みを明かして辞めた理由を語ると、平野も「俺も17歳で1回辞めてんのよ。俺も結構同じ理由かも」と告白し、阪本を驚かせる。その後、阪本は音楽活動を始めて路上で歌っていた時の思いやライブハウスでのエピソード、ワンマンライブについて語りながら、「お客さんの大切さを知りました」と吐露する。

この記事の画像

放送情報

2.5次元ナビ!#66
放送日時:2022年9月26日(月)22:00~
チャンネル:日テレプラス
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事