羽生結弦紀平梨花の"勝負"の2019-2020シーズンが開幕!新しいプログラムや衣装にも注目

「オータムクラシック2019」
「オータムクラシック2019」

いよいよ本格的なスタートを迎えるフィギュアスケートの2019-2020シーズン。開幕戦とも言えるISUチャレンジャーシリーズの第1戦目「オータムクラシック2019」が日本時間9月13日(金)〜15日(日)に開催されるが、やはり羽生結弦選手、紀平梨花選手ら日本勢の動向に注目が集まっている。

羽生結弦選手は練習拠点がカナダということもあり、同地で開催される「オータムクラシック」には、これまで2015年から4年連続で出場しており、今回が5度目となる。2015年、2016年、2018年に優勝するなど、相性の良い大会と言える。

この大会が高い注目度を誇る理由は、新シーズンを占う上で重要な位置付けにあるためだ。多くのトップ選手がショート、フリーともに新シーズンを戦っていく曲目と振付を実戦で初披露。羽生結弦選手も昨年は、黒をベースとした衣装で、憧れの選手・プルシェンコ氏の伝説的なプログラム「ニジンスキーに捧ぐ」で使われた曲をアレンジした演目を披露し、話題になった。

昨シーズンは怪我に苦しんだ羽生結弦選手。GPファイナルは怪我で欠場、世界選手権では世界最高点を更新する名勝負を繰り広げたものの、ネイサン・チェン選手に惜敗してしまった。4月には前人未到の4回転アクセルへの意欲も語るなど、順調な回復ぶりをアピールしていたが、その本番となる「オータムクラシック」ではどのような"進化"を見せるのか。羽生結弦選手の新シーズン初戦に大きな期待がかかる。

紀平梨花選手

「オータムクラシック2019」には日本から紀平梨花選手も出場する。昨シーズンは紀平選手にとってシニアデビューというターニングポイントを迎えたが、グランプリシリーズ2連勝を皮切りに、日本人選手としては浅田真央以来となる13年ぶりのシニア1年目でのグランプリファイナル優勝を果たすなど飛躍の年となった。

周囲の期待を受け、プレッシャーも高まるであろう新シーズンだが、紀平選手は攻めの姿勢を崩さない。ショートプログラムにおけるミスのない安定した演技が自身の課題と認めつつも、世界で戦うための武器としてオフシーズンに4回転ジャンプの習得に向けて練習を重ねているのだ。

6月には「ドリーム・オン・アイス 2019」ではコンディションの良さをアピールし、のびのびとした演技で観客を沸かせていた。「オータムクラシック2019」ではロシアのエフゲニア・メドベージェワら強豪と激突するなど、開幕戦としては申し分ない熱戦が予想されるが、これまで取り組んできた4回転ジャンプ挑戦はあるのか?そしてGPファイナル連覇へ向けた新シーズンはどんなスタートを切るのか...?

羽生結弦選手と紀平梨花選手、日本の男女両エースの今シーズンの動向からは、やはり目が離せそうにない。

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

フィギュアスケート オータムクラシック2019 男女ショート
放送日時:2019年9月14日(土)20:00~
フィギュアスケート オータムクラシック2019 男女フリー
放送日時:2019年9月15日(日)16:55~
チャンネル:テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事