最前線で走り続けるUVERworldの魅力

日本のロックシーンの最前線を走る6人組ロックバンド・UVERworld。2005年のメジャーデビュー以降、ティーンエイジャーを中心に絶大な人気を誇ってきた彼らが、今、大きな飛躍を遂げている。

映画『銀魂』とともにさらに知名度を拡大

この夏、大ヒットを記録した小栗旬主演の映画『銀魂』。その主題歌となった『DECIDED』は、これまでUVERworldの音楽に触れたこのない人たちにまで、その魅力に気づかせるきっかけを作った。「UVERworld」という名前を知らなくても、映画の宣伝とともに流れていたそのキャッチーなフレーズを聴けば、「ああ、あの曲」と思い出せるに違いない。公開前からその原作の面白さや、豪華なキャスト陣で注目を集めていたこともあり、ファンも主題歌がUVERworldに決まったときは、SNS上で「銀魂とUVERの組み合わせは激アツ」「どんな主題歌なのか楽しみ」などの声が上がり、反響も大きかった。また、『DECIDED』を引っさげて7年ぶりに音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)への出演も果たし、地上波にほとんど姿を見せない彼らだけに、Twitterのトレンドでもトップを占めるほど話題となった。

その波に乗るように、8月には3年ぶりのフルアルバム『TYCOON』をリリースし、オリコンデイリーランキングでは2位にランクイン。また、『SUMMER SONIC 2017』や『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017』といった大型フェスにも初出演を果たし、合わせて全国9ヵ所を回るホールツアー『TYCOON TOUR』も開催するなど、ライブ活動も精力的に行っている。

人気の理由はTAKUYA∞が放つ「言葉の熱量」

そんな彼らが、どんなステージにおいても必ず最後に口にする言葉がある。

「デッカい時代に足跡をつける、俺たちがUVERworld、よろしくどうぞ!」

この宣言通り、彼らは様々なステージで「足跡」を残してきた。今年でメジャーデビュー12年目を迎えるが、デビュー前から「日本武道館でライブができるアーティスト」を目標に掲げ、2008年に夢の舞台としていた日本武道館での単独ライブを実施。その後も大阪城ホール、横浜アリーナなどキャパシティーを広げていき、東京ドームでの単独ライブも2010年に実現。また、今年2月にはさいたまスーパーアリーナで、アーティスト史上最大の23,000人を動員した男性限定ライブ『KING'S PARADE 2017(男祭り)』も開催している。

このようにライブを通して何万人もの心を動かせるUVERworldの魅力は、なんといっても、その歌詞に込められた「言葉の熱量」だろう。「自分のやりたいことを貫け」というメッセージを、爆発的なスピード感と圧倒的なバンドサウンドに乗せて放つロックチューンは、彼らが作る曲の核となっている。その楽曲には、すべてのリスナーの背中を押し、時に寄り添い、支え続けるパワーがある。

例えば、ライブの定番ソングとなっている『PRAYING RUN』は、作詞・作曲を務めるボーカル・TAKUYA∞自身の人生のテーマが描かれている。「努力をせずに夢が叶った人と/努力をしても叶わなかった人/たとえ僕は叶わない人だとしても/この足を止めはしないだろう」。TAKUYA∞が日課としているランニングの最中に生まれたというこの曲は、毎日全力で何かを努力している人に響くメッセージがかなり込められている。まるで一対一でリスナーに語りかけるような歌詞が、支持を集め続けている理由かもしれない。

楽曲はもちろん、ライブでのTAKUYA∞のMCの熱量も半端じゃない。先に記した日本武道館、東京ドームでの単独公演、アリーナでの男祭りも、すべてライブのMCでファンの前で公言し、その後その言葉通りに実現させた。時には「そんな夢は無謀だ」という声もあったが、こうやって有言実行を続けてきた彼らだからこそ、さらにその楽曲やMCの説得力が増し、ファンを増やし続けているのだろう。

地元の音楽イベント「イナズマロックフェス」

そんなUVERworldが大切にしている音楽フェスが、彼らの地元である滋賀県で毎年行われている『イナズマロックフェス(以下、イナズマ)」』だ。イナズマを主宰しているT.M.Revolutionの西川貴教とUVERworldの親交は深く、デビュー当時からの付き合いだという。第一回のイナズマで当時ラストを飾った西川が参加するバンド、abingdon boys schoolのステージでは、ボーカル・TAKUYA∞が飛び入り参加し、「蒼焔-SOUEN-」を西川と共に熱唱し、フィナーレを飾ったこともあった。UVERworldにとって故郷で開催されるイナズマへの思い入れは強く、過去5回にわたって出演していたり、2015年に至っては2日間連続で出演するなど、今や本フェスに欠かせない重要バンドとなりつつある。もちろん今年も出演し、雨のなか「ナノ・セカンド」「WE ARE GO」「7th Trigger」など9曲をプレイ。熱いパフォーマンスを繰り広げた。最新のUVERworldが映像で確認できる機会でもあるので、ぜひチェックしてみてもらいたい。

Writer:日野綾

※この記事はヨムミル!ONLINEの転載になります。

この記事の画像

放送情報

イナズマロックフェス2016リターンズ <出演> MAN WITH A MISSION/UVERworld /T.M.Revolution
放送日時 2017年11月3日(金・祝) 23:25~4日(土)1:00


イナズマロックフェス2017 <出演> EXILE THE SECOND/UVERworld/Fear, and Loathing in Las Vegas/THE ORAL CIGARETTES/04 Limited Sazabys/KEYTALK/T.M.Revolution /感覚ピエロ(OPアクト)
放送日時:2017年11月4日(土) 22:00~5日(日)1:00
チャンネル:フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!