倉持明日香がプロ野球の開幕カードの見どころを大胆予想!~セ・リーグ編~

球春到来!いよいよプロ野球の季節に。今年はセ・パともに3月29日(金)にペナントレースが開幕する。そこで「スカパー!プロ野球PRアンバサダー」を務める倉持明日香が、今シーズンのプロ野球をより楽しむポイントを紹介。今回はセ・リーグの開幕カードの見どころと展望を大胆に予想する。気になる開幕投手やカギを握る選手とは?

――まず何と言っても注目なのが、広島東洋カープ対読売ジャイアンツ(MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島)です。因縁の対決がいきなり組まれました。

「ワクワクしますね。選手はもちろん、ファンがどんな心境で見届けるのか、すごく楽しみです。注目はやはり丸佳浩選手と長野久義選手の活躍だと思いますが、私が一番気になっているのはカープの打線。昨年まで丸選手が入っていた3番を誰が打つのか。(1、2番の)"タナキク"(田中広輔選手と菊池涼介選手)が安定しているので、3番打者がすごく重要になります。オープン戦を見ると、私は西川龍馬選手が有力だと思っています。そして4番に鈴木誠也選手、5番に長野選手が入ったらかなり怖い打線になります」

――ジャイアンツの打線はどうでしょうか? 丸選手は何番を打つと思いますか?

「攻撃的に行くならやはり2番ですかね。1番は吉川尚輝選手、3番には坂本勇人選手が入ると思うので。丸選手はホームランももちろん打てますが、状況に応じたバッティングができる選手です。なので吉川選手が出塁したら、送りバントで進めるのではなく、自らも生きてチャンスを広げそう。(2017、18年と)2年連続でMVPを獲得した選手が2番って、ものすごく贅沢な打線。他のチームとしてはたまりませんね(苦笑)」

――それぞれの開幕投手を予想してください。

「カープは大瀬良大地投手が妥当でしょうけど、個人的には(自分と)同級生の野村祐輔投手に頑張ってほしい。オープン戦ですごく調子がよかったので。ジャイアンツは菅野智之投手。こちらも同じ年なので(野村との)同級生対決が見たいですね。他にも田中選手や菊池選手、丸選手や小林誠司選手(巨人)などが同級生です。今年は平成最後の開幕戦なので、同じ平成元年生まれ(菊池選手は早生まれで平成2年)の選手に活躍してほしい!」

――希望的観測で構いませんのでズバリ勝敗予想を。

「投手戦になるんじゃないかと思います。私はすべての試合、さよならゲームを期待しているんです。ファンとしては当然スムーズに勝ってほしいと思いますが、私は1分1秒でも長くゲームを見たい。なので接戦になって、最後がサヨナラで終わったらいいなと思っています。あっ、そうするとカープが勝っちゃいますね(笑)」

この記事の画像

放送情報

<スカパー!で2019シーズン プロ野球セ・パ12球団公式戦全試合中継!>

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事